○四国中央市教職員住宅条例

平成16年4月1日

条例第61号

(設置)

第1条 四国中央市立の幼稚園、小学校及び中学校に勤務する職員及びその家族の使用に供するため、四国中央市教職員住宅(以下「教職員住宅」という。)を設置する。

(名称及び位置等)

第2条 教職員住宅の名称及び位置等は、次のとおりとする。

名称

戸数

位置

涼川住宅

世帯用

2戸

四国中央市金田町金川180番地7

単身用

8戸

宮川住宅

4戸

四国中央市新宮町新宮458番地

寺内住宅

3戸

四国中央市新宮町上山6206番地

(入居の申請)

第3条 教職員住宅に入居しようとする者は、教職員住宅入居申込書を市長に提出し、許可を受けなければならない。

2 市長は、教職員住宅への入居を許可したときは、その者に対し、教職員住宅使用許可書を交付しなければならない。

(入居者の決定)

第4条 市長は、教職員住宅に入居しようとする者の数が入居をさせるべき教職員住宅の戸数を超える場合においては、当該職員の家族構成、職務内容等を考慮して入居者を決定することができる。

(使用料)

第5条 教職員住宅への入居を許可された者は、別表第1に定める使用料を納付しなければならない。

(駐車場使用料)

第6条 教職員住宅に附属する涼川住宅駐車場を使用する者は、別表第2に定める駐車料を納付しなければならない。

(明渡し)

第7条 教職員住宅への入居を許可された者が当該教職員住宅の明渡しをするときは、市長に対し、教職員住宅明渡書を提出しなければならない。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成16年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の川之江市営涼川住宅管理条例(平成3年川之江市条例第4号)又は新宮村教職員宿舎管理規則(昭和56年新宮村教育委員会規則第9号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

別表第1(第5条関係)

名称

使用料(月額)

涼川住宅

単身用

1戸当たり 25,000円

世帯用

1戸当たり 38,000円

宮川住宅

1戸当たり 13,000円

寺内住宅

1戸当たり 11,000円

別表第2(第6条関係)

駐車料金

1区画当たり月額 2,000円

四国中央市教職員住宅条例

平成16年4月1日 条例第61号

(平成16年4月1日施行)