○四国中央市公民館条例

平成16年4月1日

条例第66号

(趣旨)

第1条 この条例は、社会教育法(昭和24年法律第207号。以下「法」という。)第24条の規定に基づき、公民館の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 四国中央市公民館(以下「公民館」という。)別表のとおり設置する。

(職員)

第3条 公民館に館長その他必要な職員を置く。

2 館長は、四国中央市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が任命し、その任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

3 館長が欠けた場合において、後任の館長の任期は、前任者の残任期間とする。

(審議会)

第4条 公民館ごとに公民館運営審議会(以下「審議会」という。)を置くことができる。

2 審議会は、館長の諮問に応じ、公民館の各種事業の企画及び実施について調査、審議する。

(審議会の委員)

第5条 審議会の委員(以下「委員」という。)は、次に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 学校教育及び社会教育の関係者

(2) 家庭教育の向上に資する活動を行う者

(3) 学識経験を有する者

(4) 前3号に掲げるもののほか、教育委員会が適当と認める者

2 委員の定数は、公民館ごとに13人以内とし、その任期は、2年とする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(平24条例1・一部改正)

(費用弁償)

第6条 館長及び委員がその職務を行うために要する費用は、当該公民館の予算の範囲内で弁償するものとする。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

この条例は、平成16年4月1日から施行する。

(平成24年3月23日条例第1号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

(平成26年9月30日条例第23号)

この条例中第1条の規定は公布の日から、第2条の規定は平成26年11月1日から施行する。

(平成29年6月26日条例第18号)

この条例は、平成29年8月1日から施行する。

(平成29年12月25日条例第23号)

(施行期日)

1 この条例は、平成30年4月1日から施行する。

(令和2年3月23日条例第10号)

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

(四国中央市老人つどいの家条例の一部改正)

2 四国中央市老人つどいの家条例(平成16年四国中央市条例第100号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

別表(第2条関係)

(平26条例23・平29条例18・平29条例23・令2条例10・一部改正)

名称

位置

金生公民館

四国中央市金生町下分865番地1

上分公民館

四国中央市上分町556番地1

妻鳥公民館

四国中央市妻鳥町1480番地2

金田公民館

四国中央市金田町金川330番地

川滝公民館

四国中央市川滝町下山1882番地1

松柏公民館

四国中央市下柏町388番地

村松公民館

四国中央市村松町38番地1

三島公民館

四国中央市三島中央3丁目4番21号

中曽根公民館

四国中央市中曽根町1502番地1

中之庄公民館

四国中央市中之庄町108番地

寒川公民館

四国中央市寒川町1390番地

豊岡公民館

四国中央市豊岡町豊田78番地1

嶺南公民館

四国中央市金砂町平野山232番地

豊岡公民館長田分館

四国中央市豊岡町長田394番地

長津公民館

四国中央市土居町津根2682番地

小富士公民館

四国中央市土居町小林814番地

天満公民館

四国中央市土居町天満2011番地1

蕪崎公民館

四国中央市士居町蕪崎2507番地1

土居公民館

四国中央市土居町土居891番地

関川公民館

四国中央市土居町上野911番地1

新宮公民館

四国中央市新宮町新宮482番地

四国中央市公民館条例

平成16年4月1日 条例第66号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成16年4月1日 条例第66号
平成24年3月23日 条例第1号
平成26年9月30日 条例第23号
平成29年6月26日 条例第18号
平成29年12月25日 条例第23号
令和2年3月23日 条例第10号