○四国中央市教育集会所条例

平成16年4月1日

条例第71号

(設置)

第1条 地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第30条の規定に基づき、四国中央市教育集会所(以下「集会所」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 集会所の名称及び位置は、別表のとおりとする。

(事業)

第3条 集会所は、学級及び講座の開設、諸集会の開催その他の社会教育に関する事業を行う。

(使用の許可)

第4条 集会所の使用許可を受けようとする者は、あらかじめ四国中央市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に申請し、許可を受けなければならない。ただし、軽易な使用については、地元自治会の許可を受けることにより、これを省略することができる。

2 前項の使用の許可をするときは、必要な条件を付すことができる。

(使用の制限)

第5条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、使用を許可しないものとする。

(1) 特定の政党を支持し、若しくはこれに反対し、又はその他の政治活動を目的とすると認められるとき。

(2) 特定の宗教若しくは教派、教団等を支持し、又はこれらに反することを目的とすると認められるとき。

(3) 専ら私的営利を目的とすると認められるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、その使用が集会所設置の目的に反すると認められるとき。

(使用許可の取消し)

第6条 教育委員会は、集会所の使用目的、この条例又はこの条例に基づく規則又は第4条の使用許可の条件に違反したときは、使用許可を取り消すことができる。

(使用料)

第7条 集会所の使用料は、無料とする。ただし、公職選挙法(昭和25年法律第100号)第161条第1項の規定により使用する場合は、次のとおり使用料を納付しなければならない。

使用時間

午前8時から正午まで

正午から午後5時まで

午後5時から午後10時まで

使用料

500円

500円

700円

(損害賠償)

第8条 使用者は、故意若しくは過失により、集会所の施設を損傷し、又は亡失したときは、これを修理し、又はその損害を賠償しなければならない。ただし、教育委員会がやむを得ないと認めるときは、この限りでない。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、集会所の管理運営等に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成16年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の川之江市教育集会所設置条例(平成2年川之江市条例第5号)又は伊予三島市教育集会所設置及び管理条例(昭和63年伊予三島市条例第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

別表(第2条関係)

名称

位置

東町集会所

四国中央市川之江町4134番地

西川原集会所

四国中央市妻鳥町1095番地1

中之町集会所

四国中央市妻鳥町794番地1

浜田集会所

四国中央市川之江町411番地2

立石集会所

四国中央市三島朝日2丁目8番11号

朝日東部集会所

四国中央市三島朝日2丁目7番22号

大僧集会所

四国中央市村松町576番地4

東宮集会所

四国中央市土居町野田甲658番地1

樋の口集会所

四国中央市土居町津根3464番地1

梅ケ町集会所

四国中央市土居町中村735番地1

親友館

四国中央市土居町天満1927番地

四国中央市教育集会所条例

平成16年4月1日 条例第71号

(平成16年4月1日施行)