○四国中央市老人福祉センター条例施行規則

平成16年4月1日

規則第75号

(趣旨)

第1条 この条例は、四国中央市老人福祉センター条例(平成16年四国中央市条例第98号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(管理及び運営)

第2条 四国中央市老人福祉センター(以下「老人センター」という。)は、福祉事務所が管理し、運営については、老人センター館長が老人クラブ等の意見を徴して行うものとする。

(事業)

第3条 老人センターは、その目的を達成するため、おおむね次の事業を行う。

(1) 住宅、身上等の生活相談及び疾病の予防又は治療等に関する健康相談

(2) 生業及び就労に関する指導等

(3) 機能回復訓練、体育レクリエーション等

(4) 教養の向上に関する読書、講習、講演会等

(5) 老人の憩いの場としての浴場及び娯楽施設

(6) 老人クラブの育成及び活動助長

(7) 前各号に掲げるもののほか、必要な事業

(開館時間及び休館日)

第4条 老人センターは、次に掲げる休館日を除く日の午前9時から午後4時まで開館する。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日及び地方祭の日

(3) 12月28日から翌年1月4日までの間

2 前項の規定にかかわらず、市長が必要と認めるときは、開館時間を変更し、休館日を別に設けることができる。

(使用の申請)

第5条 条例第4条の規定により、団体で老人センターの使用許可を受けようとする者は、老人福祉センター使用申請書(様式第1号)を使用日の5日前までに市長に提出しなければならない。ただし、個人で使用する場合は、この限りでない。

(使用許可書の交付)

第6条 市長は、前条の使用を許可したときは、老人福祉センター使用許可書(様式第2号)を申請者に交付する。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、老人センターの管理運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成16年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の伊予三島市老人福祉センター設置条例施行規則(昭和50年伊予三島市規則第19号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

四国中央市老人福祉センター条例施行規則

平成16年4月1日 規則第75号

(平成16年4月1日施行)