○四国中央市立幼稚園規則

平成16年4月1日

教育委員会規則第20号

(目的)

第1条 この規則は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第33条の規定に基づき、四国中央市立幼稚園(以下「幼稚園」という。)の管理運営の基本的事項を定めることを目的とする。

(園児の定数)

第2条 幼稚園の園児の定数は、次に掲げるとおりとする。

(1) 三島南幼稚園 80人

(2) 三島東幼稚園 140人

(3) 土居東幼稚園 100人

(4) 土居西幼稚園 100人

(5) 新宮幼稚園 40人

(平19教委規則4・平20教委規則3・平21教委規則19・令元教委規則4・一部改正)

(通園区域)

第3条 幼稚園の通園区域は、四国中央市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が別に定める。

(平16教委規則50・一部改正)

(教職員)

第4条 幼稚園に、教職員として、園長、副園長、幼稚園教諭、幼稚園医、幼稚園歯科医及び幼稚園薬剤師を置く。ただし、特別の事情のあるときは、副園長を置かないことができる。

2 前項のほか、幼稚園に、幼稚園助教諭、講師、事務職員その他必要な教職員を置くことができる。

(平22教委規則4・一部改正)

(教職員の職務)

第5条 教職員の職務は、他に特別の定めがある場合を除き、次に掲げるとおりとする。

(1) 園長は、園務をつかさどり、職員を監督する。

(2) 副園長は、園長を助け、園務を整理し、及び必要に応じて園児の保育をつかさどる。

(3) 幼稚園教諭は、園児の保育をつかさどる。

(4) 幼稚園医、幼稚園歯科医及び幼稚園薬剤師は、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)第23条第4項及び第5項に規定する職務に従事する。

(5) 幼稚園助教諭は、幼稚園教諭を助け、必要に応じて園児の保育をつかさどる。

(6) 講師は、幼稚園教諭又は幼稚園助教諭に準ずる職務に従事する。

(7) 事務職員は、事務をつかさどる。

(平21教委規則19・平22教委規則4・一部改正)

(学年)

第6条 学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。

(学期)

第7条 学期は、次の3学期とする。

(1) 第1学期 4月1日から8月31日まで

(2) 第2学期 9月1日から12月31日まで

(3) 第3学期 1月1日から3月31日まで

(休業日)

第8条 休業日は、次のとおりとする。

(1) 学年始休業日 4月1日から4月7日まで

(2) 夏季休業日 7月21日から8月31日まで

(3) 冬季休業日 12月26日から翌年の1月7日まで

(4) 学年末休業日 3月26日から3月31日まで

(5) 園長が必要と認める日

2 園長は、前項第5号に規定する休業を行うときは、実施の5日前までに、その期間、理由及び実施計画を具して教育長に届け出なければならない。

(平16教委規則50・平22教委規則4・一部改正)

(教育課程及び教育週数等)

第9条 幼稚園の教育課程及び教育週数は、幼稚園教育要領(平成29年文部科学省告示第62号)の定めるところによる。

2 園長は、前項の教育課程を実施するときは、あらかじめ教育長の承認を得なければならない。

(平16教委規則50・全改、令元教委規則4・一部改正)

(学級編制)

第10条 園長は、教育委員会が定めた学級数を基準として、学級を編制しなければならない。

(平16教委規則50・一部改正)

(学級担任)

第11条 園長は、学級を担任する教員を命じなければならない。

(園外行事)

第12条 園長は、遠足その他の園外行事を行うときは、教育長が定める基準により計画し、あらかじめ教育長に届け出るものとする。

(就園の対象)

第13条 幼稚園就園の対象となる者は、四国中央市に住所を有し、満3歳(土居西幼稚園については満4歳とする。)に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから小学校就学の始期に達するまでの幼児とする。

(平16教委規則50・平21教委規則19・一部改正)

(入園募集)

第14条 幼稚園の園児の募集及び選抜に関して必要な事項は教育委員会が定め、入園の前年度の11月に公示する。

(平16教委規則50・一部改正)

(入園の時期)

第15条 入園の時期は、毎学年の始めとする。ただし、欠員のある場合は、この限りではない。

(入園申込み)

第16条 幼稚園に幼児を入園させようとする保護者は、入園願書(様式第1号)に住民票謄本を添えて、教育委員会に提出し、教育長の許可を受けなければならない。

(平16教委規則50・一部改正)

(入園決定)

第17条 教育委員会は、前条の申込みに係る入園を承諾するときは、入園許可書(様式第2号)により通知するものとする。

(平16教委規則50・一部改正)

(入園決定の取消し)

第18条 教育長は、第16条の入園願書に虚偽の記載があった場合は、前条の通知を取り消すことができる。

(平16教委規則50・一部改正)

(休園又は退園の届出)

第19条 保護者は、園児が休園し、又は退園しようとする場合は、休園届(様式第3号)又は退園届(様式第4号)を園長に届け出なければならない。

2 保護者は、休園の期間を変更しようとする場合は、休園変更届(様式第5号)を園長に届け出なければならない。

(平16教委規則50・全改)

(退園の措置)

第20条 園長は、園児が正当な理由がなく継続して1月以上欠席したときは、教育長の承認を得て、園児を退園させることができる。

(出席の停止)

第21条 園長は、学校保健安全法第19条の規定に該当する園児の出席を停止させることができる。

2 園長は、前項の規定により出席を停止させたときは、直ちに教育委員会に報告するものとする。

(平16教委規則50・平21教委規則19・一部改正)

(修了証書)

第22条 園長は、幼稚園において所定の教育課程を修了したと認めた者に修了証書を授与する。

(学校管理規則の例)

第23条 この規則に定めるもののほか、幼稚園の管理及び運営については、四国中央市学校管理規則(平成16年四国中央市教育委員会規則第10号)の例による。

(その他)

第24条 この規則の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

(平21教委規則19・一部改正)

(施行期日)

1 この規則は、平成16年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の川之江市立幼稚園規則(昭和35年川之江市教育委員会規則第1号)、伊予三島市立幼稚園園則(昭和47年伊予三島市教育委員会規則第4号)、土居町立幼稚園管理規則(昭和53年土居町教育委員会規則第1号)、新宮村立幼稚園園則(昭和56年新宮村教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続きその他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(定数)

3 平成16年度に限り、三島東幼稚園の定数は、90人とする。

(平成16年8月25日教委規則第50号)

この規則は、平成16年9月1日から施行する。

(平成19年2月26日教委規則第4号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(平成20年10月27日教委規則第3号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

(平成21年12月22日教委規則第19号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。ただし、第1条中四国中央市立幼稚園規則第5条第4号、第21条第1項及び第24条の改正規定は、公布の日から施行する。

(平成22年3月26日教委規則第4号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

(令和元年9月26日教委規則第4号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。ただし、第9条第1項の改正規定は、公布の日から施行する。

(令和3年9月28日教委規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年10月1日から施行する。

(様式に関する経過措置)

2 この規則の施行の際、現にあるこの規則による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

3 この規則の施行の際、旧様式で現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

(平16教委規則50・追加、令3教委規則3・一部改正)

画像

(平16教委規則50・追加)

画像

(平16教委規則50・追加、令3教委規則3・一部改正)

画像

(平16教委規則50・追加、令3教委規則3・一部改正)

画像

(平16教委規則50・追加、令3教委規則3・一部改正)

画像

四国中央市立幼稚園規則

平成16年4月1日 教育委員会規則第20号

(令和3年10月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成16年4月1日 教育委員会規則第20号
平成16年8月25日 教育委員会規則第50号
平成19年2月26日 教育委員会規則第4号
平成20年10月27日 教育委員会規則第3号
平成21年12月22日 教育委員会規則第19号
平成22年3月26日 教育委員会規則第4号
令和元年9月26日 教育委員会規則第4号
令和3年9月28日 教育委員会規則第3号