○下諏訪町道路等占用取扱規則

昭和45年3月25日

町規則第2号

(趣旨)

第1条 この規則は、道路法(昭和27年法律第180号。以下「法」という。)及び道路法施行令(昭和27年政令第479号)並びに下諏訪町道路等占用料徴収条例(昭和45年下諏訪町条例第17号)第8条の規定に基づき、道路の占用について必要な事項を定めるものとする。

(許可の申請)

第2条 法第32条の規定により許可を受けようとするものは、次の各号の書類を添付し、道路占用許可申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。ただし、軽易なものについては、工事の方法及び構造等を明記した書類に代えることができる。

(1) 工事計画説明書

(2) 工事設計書

(3) 付近平面図

(4) 縦横断面図

(5) 構造図

(6) 実測求積図

(7) 利害関係者の承諾書

(8) 公図写し

(保証人)

第3条 前条の申請書には、確実な保証人の連署を必要とする。ただし、軽易なものについては省略させることができる。

(占用許可の譲渡又は担保)

第4条 道路占用の許可は、譲渡又は担保等の契約により第三者に移転することができない。

(占用許可の変更)

第5条 占用許可を受けた者が許可事項を変更しようとする場合は、道路占用許可変更申請書(様式第2号)を町長に提出しなければならない。

(継続占用)

第6条 占用期間が満了し、引き続き占用許可を受けようとする場合は、期間満了の1か月前までに道路継続占用許可申請書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(標札の掲示)

第7条 占用者は、占用の許可を受けた日から1週間以内に当該占用地又は占用に伴い施行した工作物の見やすい箇所に標札(様式第4号)を掲げなければならない。

(占用の廃止又は取りやめ)

第8条 占用者の都合により廃止又は取りやめをしたいときは、道路占用廃止又は取止届(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

(工事着手竣工等)

第9条 占用のため工作物を設置、修繕、改築、撤去等道路に関する工事に着手しようとするとき、また工事の完了したときは、その旨を町長に届け出て指示及び検査を受けなければならない。

2 この場合、道路を損傷したときは、届け出て指示を受け速に修理しなければならない。

(原状回復)

第10条 占用者は、占用期間が満了した場合又は占用を廃止したときは、直ちに占用地を原状に復するとともに町長に原状回復届(様式第6号)を届け出て検査を受けなければならない。ただし、原状に回復することが不適当な場合においては、この限りでない。

2 道路占用者である法人が解散したときは、清算人が前項の手続をとらなければならない。

3 道路占用者が死亡したときは、その相続人が第1項の手続をとらなければならない。

4 第1項の規定による検査の結果、不適当と認めるものがあるときは、改めて原状の回復を命じ、又は第三者に補修させることができる。

5 前項の場合において補修に要する費用は、全て道路占用者の負担とする。

(用悪水路等の占用)

第11条 用悪水路等の占用については、この規則を準用する。

1 この規則は、昭和45年4月1日から施行する。

2 この規則施行の際、現に占用の許可を受けているものは、この規則により許可を受けたものとみなす。

(平成19年3月26日)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(平成25年3月22日)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

(令和3年12月17日)

(施行期日)

1 この規則は、令和4年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、この規則による改正前のそれぞれの規則の様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

下諏訪町道路等占用取扱規則

昭和45年3月25日 規則第2号

(令和4年4月1日施行)