○新宿区選挙管理委員会事務局課長補佐及び主任の職の指定等に関する規程

平成元年2月21日

選挙管理委員会訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、新宿区選挙管理委員会事務局における課長補佐及び主任の職の指定等に関し、必要な事項を定めるものとする。

(平12選管訓令1・平30選管訓令1・一部改正)

(定義)

第2条 この規程において係長とは、新宿区選挙管理委員会事務局処務規程(昭和56年新宿区選挙管理委員会訓令第1号)第3条に規定する次長及びこれに相当する主査をいう。

(平8選管訓令2・全改、平12選管訓令1・一部改正)

(課長補佐の職の指定)

第3条 新宿区選挙管理委員会(以下「委員会」という。)は、区長と協議し、別に定める基準に基づき、係間の調整を行うなど、特に重要かつ困難な職務に従事する係長の職を、課長補佐の職として指定することができる。

(平8選管訓令2・旧第4条繰上・一部改正、平12選管訓令1・平30選管訓令1・一部改正)

(主任の職の指定)

第4条 委員会は、区長と協議し、特に高度な知識又は経験を必要とする職務に従事する係員の職を、主任の職として指定することができる。

(平8選管訓令2・旧第5条繰上、平30選管訓令1・一部改正)

(課長補佐等の任免)

第5条 課長補佐及び主任の任免は、委員会が行う。

(平8選管訓令2・旧第6条繰上・一部改正、平30選管訓令1・一部改正)

(補則)

第6条 前3条に定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、別に定める。

(平8選管訓令2・旧第7条繰上、平30選管訓令1・一部改正)

1 この訓令は、平成元年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行の際、現に総括係長の職の指定等に関する要綱(昭和56年3月31日付、55新選第956号)により総括係長に任命されている者は、この訓令により任命されたものとみなす。

(平成8年2月23日選管訓令第2号)

この規程は、平成8年4月1日から施行する。

(平成12年3月24日選管訓令第1号)

この訓令は、平成12年4月1日から施行する。

(平成30年3月27日選管訓令第1号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

新宿区選挙管理委員会事務局課長補佐及び主任の職の指定等に関する規程

平成元年2月21日 選挙管理委員会訓令第1号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第1編 区政の運営/第4章 執行機関/第3節 選挙管理委員会
沿革情報
平成元年2月21日 選挙管理委員会訓令第1号
平成8年2月23日 選挙管理委員会訓令第2号
平成11年1月1日 種別なし
平成12年3月24日 選挙管理委員会訓令第1号
平成30年3月27日 選挙管理委員会訓令第1号