○新宿区清掃事務所職員被服貸与規程

平成12年3月31日

訓令第20号

(目的)

第1条 この規程は、新宿区清掃事務所に勤務する一般職の常勤職員(再任用職員を含む。)に対する職務遂行上必要な被服を貸与することを目的とする。

(平14訓令15・平18訓令10・一部改正)

(被貸与者、貸与品及び貸与期間)

第2条 被服の貸与を受ける職員(以下「被貸与者」という。)、貸与する被服(以下「貸与品」という。)の品名及び貸与数並びに貸与期間は、別表のとおりとする。

(貸与品の再貸与)

第3条 総務部人事課長(以下「人事課長」という。)は、被貸与者が貸与期間において、やむを得ない事由により、貸与品を亡失し、又は毀損した場合等に代わりの貸与品を必要と認めたときは、貸与品を再び貸与することができる。

(平20訓令8・平23訓令12・一部改正)

(貸与期間及び貸与品の特例)

第4条 人事課長が、特に必要があると認めるときは、第2条の規定にかかわらず、貸与品の貸与期間を変更し、又は貸与品の全部若しくは一部を貸与しないことができる。

(平20訓令8・一部改正)

(貸与期間の計算)

第5条 貸与期間は、被貸与者の貸与品の貸与を受けることができる日の属する月から起算し、月を単位として計算する。ただし、被貸与者が長期間職務に従事しないときは、その期間を貸与期間に算入しない。

(貸与品の制式)

第6条 貸与品の制式(形状、色相、サイズ及び素材をいう。)は、人事課長が別に定める。

(平20訓令8・一部改正)

(貸与品の着用)

第7条 被貸与者は、その職務を遂行するに当たっては、貸与の目的に従い常に貸与品を着用しなければならない。ただし、貸与品を補修し、又は洗濯する場合その他特別の事由がある場合は、この限りではない。

(貸与品の取扱い)

第8条 被貸与者は、貸与品を貸与の目的以外に使用し、又は処分してはならない。

2 被貸与者は、善良な管理者の注意をもって、貸与品を使用し及び保管しなければならない。

3 被貸与者は、原則として貸与品の補修、洗濯その他管理に必要な費用を負担しなければならない。

(被貸与者の異動等による貸与品の取扱い)

第9条 被貸与者が異動等により別表の被貸与者の区分を異にする場合及び被貸与者に該当しなくなった場合における貸与品の取扱いについては、人事課長が別に定める。

(平20訓令8・一部改正)

(被貸与者の退職等による貸与品の返納)

第10条 被貸与者は、退職する場合(再任用職員にあっては、任期が満了する場合)又は休職等により長期間職務に従事しない場合において、貸与品の貸与期間が満了していないときは、直ちに、当該貸与品を返納しなければならない。ただし、人事課長が特別の事由があると認めるときは、この限りでない。

(平14訓令15・平20訓令8・一部改正)

(貸与期間を経過した貸与品の取扱い)

第11条 貸与品は、人事課長が指定したものを除き、貸与期間を経過したときは、返納を要しない。

(平20訓令8・一部改正)

(返納された貸与品の取扱い)

第12条 前3条の規定により返納された貸与品の取扱いについては、人事課長が別に定める。

(平20訓令8・一部改正)

(貸与品に対する調査)

第13条 人事課長は、貸与品の使用状況及び適応性等を調査し、適当な措置を講じなければならない。

(平20訓令8・一部改正)

(所長の報告義務)

第14条 新宿清掃事務所長(以下「所長」という。)は、人事課長が別に定める貸与品にかかわる所要量調書を作成し、人事課長に提出しなければならない。

2 所長は、被貸与者が貸与品を亡失し、又はき損したときは、速やかに人事課長に報告しなければならない。

(平16訓令41・平20訓令8・一部改正)

(所長が備える被服)

第15条 所長は、特に必要があると認めるときは、第2条に規定する貸与品以外の被服を備えておくことができる。

2 所長は、前項の被服を備える場合は、人事課長に協議しなければならない。

(平20訓令8・一部改正)

(補則)

第16条 この規程に定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、人事課長が別に定める。

(平20訓令8・一部改正)

1 この訓令は、平成12年4月1日から施行する。

2 この訓令の施行日前に、被服貸与規程(昭和56年訓令第150号)により既に貸与を受けている者の貸与品については、この訓令により貸与を受けたものとみなす。

(平成14年3月28日訓令第15号)

この訓令は、平成14年4月1日から施行する。

(平成16年3月31日訓令第41号)

この訓令は、平成16年4月1日から施行する。

(平成18年3月23日訓令第10号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

(平成20年3月31日訓令第8号)

1 この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

(平成23年3月30日訓令第12号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

(平成27年3月19日訓令第4号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

(平18訓令10・平23訓令12・平27訓令4・一部改正)

被貸与者

貸与品

貸与数

貸与期間

摘要

1

1

清掃指導業務のため現場に勤務する者

革靴

1足

2年

冬作業服下衣とスラックス、夏作業服下衣とスラックスは、それぞれ選択制とする。

長靴

1足

4年

防寒上衣

1着

4年

冬作業服上衣

1着

2年

冬作業服下衣(スラックス)

1着

2年

夏作業服上衣

1着

2年

夏作業服下衣(スラックス)

1着

2年

ウインドブレーカー

1着

4年

 

2

事務所等において軽雑作業を伴う一般事務に従事する者

冬作業服

1着

3年

 

夏作業服

1着

3年

 

3

ごみ又はし尿の収集作業に従事する者

冬作業服

1着

1年

四輪の軽自動車を運転してごみの収集作業に従事する者には、作業帽(貸与数1個、貸与期間1年)を別に貸与する。

冬作業服は夏作業服に、夏作業服は冬作業服に、それぞれ変更することができる。

夏作業服

1着

1年

雨衣

1着

2年

防寒上衣

1着

4年

ウインドブレーカー

2着

4年

 

4

ごみ収集車、し尿収集車又は道路清掃車の運転業務に従事する者

冬作業服

1着

1年

冬作業服は夏作業服に、夏作業服は冬作業服に、それぞれ変更することができる。

夏作業服

1着

1年

作業帽

1個

1年

雨衣

1着

4年

防寒上衣

1着

4年

ウインドブレーカー

1着

4年

 

5

自動車の修理作業に従事する者

作業帽

2個

1年

 

連服

2着

1年

防寒上衣

1着

4年

 

6

新宿中継・資源センターの作業に従事する者

冬作業服

1着

1年

冬作業服は夏作業服に、夏作業服は冬作業服に、それぞれ変更することができる。

夏作業服

1着

1年

防寒上衣

1着

4年

ウインドブレーカー

2着

4年

備考 冬作業服(貸与数1着、貸与期間2年以下)及び夏作業服(貸与数1着、貸与期間2年以下)の被貸与者には、別表の規定にかかわらず、最初に貸与する場合に限り、冬作業服及び夏作業服をそれぞれ2着貸与する。

新宿区清掃事務所職員被服貸与規程

平成12年3月31日 訓令第20号

(平成27年4月1日施行)