○新城市水源地域集会施設の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日

条例第146号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、豊川総合用水事業に係る新城市水源地域集会施設(以下「集会施設」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 市民の集会に供するため、集会施設を別表第1のとおり設置する。

(施設の利用)

第3条 集会施設を利用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、集会施設の管理上必要と認めるときは、前項の規定による許可に条件を付することができる。

(利用の制限)

第4条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、利用の許可をしないことができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 集会施設又はその附帯設備を損傷するおそれがあるとき。

(3) 管理上支障があるとき。

(利用者の義務)

第5条 第3条第1項の規定による許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、この条例及びこの条例に基づく規則並びに許可に付された条件及び市長の指示に従わなければならない。

(利用許可の取消し等)

第6条 市長は、利用者が前条の規定に違反したときは、第3条第1項の規定による許可を取り消し、又は利用者に対して利用の中止を命ずることができる。ただし、このために損害を生ずることがあっても、市長は、その責めを負わない。

(使用料)

第7条 集会施設の使用料は、別表第2に定めるところにより、利用者から徴収する。

2 使用料は、利用の許可を受けたときに納入しなければならない。

(使用料の減免)

第8条 市長は、特別の理由があると認めたときは、使用料を減免することができる。

(使用料の還付)

第9条 既に納入した使用料は、還付しない。ただし、市の責任において利用ができなかった場合は、この限りでない。

(損害賠償)

第10条 利用者は、故意又は過失によって施設等を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、集会施設の管理に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の鳳来町水源地域集会施設の設置及び管理に関する条例(平成元年鳳来町条例第17号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年3月27日条例第42号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年9月17日条例第30号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

玖老勢コミュニティプラザ

新城市玖老勢字薮ノ内12番地3

寺林公民館

新城市富栄字上貝津33番地

大峠集会所

新城市富栄字下り道3番地

長楽集会所

新城市玖老勢字森下18番地

引地公民館

新城市豊岡字細筋17番地3

名号集会所

新城市名号字袋林6番地1

大島集会所

新城市長篠字大島23番地

七郷一色コミュニティプラザ

新城市七郷一色字西貝津26番地2

別表第2(第7条関係)

区分

使用料(1時間当たり)

8:00~17:00

17:00~22:00

玖老勢コミュニティプラザ

多目的ホール

300円

第1会議室

400円

第2会議室

200円

第3会議室

300円

第4会議室

200円

調理室

200円

玖老勢コミュニティプラザ以外の集会施設

ホール

320円

480円

会議室

110円

160円

備考

1 利用者が市内居住者(市内に在住、在学若しくは在勤する者又は所在する団体をいう。以下同じ。)以外のものである場合の使用料は、この表に掲げる使用料の1.5倍の額とする。

2 利用者が市内居住者であって、かつ、営利を目的とする場合の使用料は、この表に掲げる使用料の2倍の額とする。

3 利用者が市内居住者以外のものであって、かつ、営利を目的とする場合の使用料は、この表に掲げる使用料の3倍の額とする。

4 使用料を算定する場合において、1時間に満たないものがある場合は、1時間とみなして計算する。

5 使用料の計算において、10円未満の端数が生じた場合は、その額を切り捨てる。

新城市水源地域集会施設の設置及び管理に関する条例

平成17年10月1日 条例第146号

(平成23年4月1日施行)