○白川村自治功労者表彰条例

昭和37年3月23日

条例第1号

(趣旨)

第1条 この条例は、本村の自治功労者として、村長が基準及び自治功労者の優遇方法等について定めるものとする。

(表彰の範囲)

第2条 自治功労者として表彰するものの範囲は、次のとおりとする。

(1) 8年以上村長の職にあった者

(2) 12年以上村議会の議員の職にあった者

(3) 12年以上副村長又は教育長の職にあった者

(4) 村議会の議決若しくは同意を必要とする要職にあった者及び村政の振興発展に尽力し、特に功労が顕著な者で村議会の同意を得たもの

(表彰しない者)

第3条 次に掲げる者は、自治功労者として表彰は行わない。

(1) 成年被後見人

(2) 禁錮以上の刑に処せられた者

(3) 公職選挙法(昭和25年法律第100号)第252条の規定により選挙権及び被選挙権を有しない者

(4) その他村長が不適当と認めた者

(表彰の方法)

第4条 自治功労者の表彰は、次のとおりとする。

(1) 第2条第1号から3号までに掲げる者については、表彰状及び記念品の贈呈並びに自治功労章を授与する。

(2) 第2条第4号に掲げる者については、表彰状及び記念品を贈呈する。

(自治功労章)

第5条 自治功労章の製式は、村長がこれを定める。

2 自治功労章は、他人に譲渡し、貸与し、又は贈与することができない。

(表彰の時期)

第6条 自治功労者の表彰は、毎年白川村新年祝賀会の日に行う。ただし、村長において特別の事由があると認めたときは、この限りでない。

2 第2条各号の表彰該当者であっても、その職に在職中は表彰しない。

3 第2条第1号から第4号までの1に該当し、自治功労者として表彰を受けるべき者が、その職を退いたときは、第2条の規定による表彰を受ける前であっても、その退職の翌日から自治功労者としての待遇を行うものとする。

(表彰前の死亡)

第7条 自治功労者としての表彰を受けるべき者が表彰前に死亡したときは、第4条に規定する表彰状及び記念品をその遺族に贈呈し、又は自治功労章を授与する。

(待遇)

第8条 第4条の規定による表彰を受けた自治功労者は、退職前の職に準じてこれを礼遇する。

2 自治功労者が死亡したときは、弔花を贈るものとする。

(資格の喪失又は回復等)

第9条 自治功労者が第3条各号のいずれかに該当するに至ったときは、その待遇を取り消し、自治功労章を授与した者にあっては、その自治功労章を返納させるものとする。

2 前項の規定により待遇を取り消された者又は表彰を辞退していた者から待遇の回復又は辞退の撤回の申出があった場合で、村長が適当と認めたものについては、村議会の同意を得て、待遇を回復し、又は表彰することができる。

(委任)

第10条 この条例の施行について必要な事項は、村長がこれを定める。

1 この条例は、昭和37年4月1日から施行する。

2 昭和37年1月1日現在において生存者であって、第2条の規定に該当しているものは、この条例を適用する。

(昭和51年条例第19号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成元年条例第4号)

この条例は、平成元年4月1日から施行する。

(平成13年条例第6号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

(平成19年条例第2号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(白川村自治功労者表彰条例の一部改正に伴う経過措置)

第2条 第1条の規定による改正前の白川村自治功労者表彰条例第2条第3号に規定する助役又は収入役として在職した期間は、第1条の規定による改正後の白川村自治功労者表彰条例第2条第3号に規定する副村長として在職した期間とみなして、同号の規定を適用する。

(平成27年条例第31号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成29年条例第16号)

この条例は、公布の日から施行する。

白川村自治功労者表彰条例

昭和37年3月23日 条例第1号

(平成29年9月25日施行)

体系情報
第1編 規/第2章 公告式・表彰
沿革情報
昭和37年3月23日 条例第1号
昭和51年4月30日 条例第19号
平成元年3月13日 条例第4号
平成13年3月28日 条例第6号
平成19年3月9日 条例第2号
平成27年9月17日 条例第31号
平成29年9月25日 条例第16号