○高山市白川村公平委員会の共同設置に関する規約

平成16年12月16日

規約第9号

(設置)

第1条 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第7条第4項の規定に基づき、高山市及び白川村(以下「関係市村」という。)は、共同して公平委員会を設置する。

(名称)

第2条 公平委員会の名称は、高山市白川村公平委員会(以下「公平委員会」という。)とする。

(執務場所)

第3条 公平委員会の執務場所は、高山市役所内とする。

(委員)

第4条 公平委員会の委員は、高山市長が高山市議会の同意を得て選任する。

2 公平委員会の委員の報酬及び費用弁償の額並びにその支給方法その他委員の身分取扱いについては、高山市条例の定めるところによる。

(補助職員)

第5条 公平委員会の事務を補助する職員は、高山市の職員をもって充てる。

(経費)

第6条 公平委員会の設置及び運営に関するすべての経費は、均等割及び職員数割により算出して、関係市村が負担する。ただし、特定の団体に対する審査請求等により特別の経費が発生したときは、当該特別の経費は、当該団体が負担する。

2 前項の負担金は高山市の歳入予算に計上し、経費はその歳出予算に計上して支出するものとする。

(その他)

第7条 この規約に定めるものを除くほか、公平委員会の運営に関し必要な事項は、関係市村の長が協議して定める。

この規約は、平成17年2月1日から施行する。

(平成28年規約第3号)

この規約は、平成28年4月1日から施行する。

高山市白川村公平委員会の共同設置に関する規約

平成16年12月16日 規約第9号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第13編 その他
沿革情報
平成16年12月16日 規約第9号
平成28年3月10日 規約第3号