○白岡市災害見舞金等支給条例

平成27年9月30日

条例第22号

(目的)

第1条 この条例は、市民が災害により被害を受けたときに被災者又はその遺族に対し、災害見舞金又は弔慰金(以下「見舞金等」という。)を支給することにより、市民の福祉の増進を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に掲げるところによる。

(1) 災害 火災、風水害、地震その他自然現象による災害で、災害救助法(昭和22年法律第118号)の適用を受けないものをいう。

(2) 市民 災害発生時に住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定により本市の住民基本台帳に記録されている者をいう。

(対象者)

第3条 見舞金等の支給対象者は、市民であって、次の各号に掲げる被災の種類に応じ、当該各号に定めるものとする。

(1) 住家(現に住居の用に供している住家に限る。以下同じ。)の全焼、全壊又は流失 居住者

(2) 住家の半焼又は半壊 居住者

(3) 住家の床上浸水 居住者

(4) 死亡の場合 災害発生時に死亡者と同居している親族又は葬祭を行う者

(5) 重傷の場合 本人

(支給額)

第4条 見舞金等の額は、次の各号に掲げる被災の種類に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 住家の全焼、全壊又は流失 1世帯につき100,000円

(2) 住家の半焼又は半壊 1世帯につき50,000円

(3) 住家の床上浸水 1世帯につき20,000円

(4) 死亡の場合 1人につき100,000円

(5) 重傷の場合 1人につき30,000円

(支給の制限)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、見舞金等を支給しないことができる。

(1) 被災が当該被災者の故意又は重大な過失により生じたものであるとき。

(2) 災害弔慰金の支給等に関する条例(昭和49年白岡町条例第26号)第3条に規定する災害弔慰金又は第9条に規定する災害障害見舞金が支給されるとき。

(申請)

第6条 見舞金等の支給を受けようとする者は、災害により被害を受けた日から30日以内にり災証明書又は医師の診断書を添えて、市長に申請しなければならない。ただし、申請し難い特別の事情がある場合は、この限りでない。

(支給の決定)

第7条 市長は、前条の申請があったときは、その内容を確認し、速やかに支給の可否を決定するものとする。

(返還)

第8条 市長は、偽りその他不正な行為により、この条例による見舞金等の支給を受けた者があるときは、その者から既に支給した見舞金等について返還を命ずることができる。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、平成27年10月1日から施行する。

白岡市災害見舞金等支給条例

平成27年9月30日 条例第22号

(平成27年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成27年9月30日 条例第22号