○酒々井町監査委員職務執行規程

昭和53年5月17日

監査委員告示第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、別に定めがあるものを除くほか酒々井町監査委員(以下「監査委員」という。)の職務の執行に関し必要な事項を定めるものとする。

(委員の協議)

第2条 委員は、相互の連絡調整のため必要がある場合には、協議を行うものとする。

(監査等の方針)

第3条 監査等は、次の各号に掲げる方針により行う。

(1) 定期監査(地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第199条第3項の規定により行う監査をいう。)については、町の財務に関する事務及び町の経営に係る事業を対象として、予算執行の適否、違法又は不当な収支の有無、契約の締結、現金若しくは有価証券又は物品の保管、財産の管理等事務執行の適否及び事業が合理的、かつ、効率的に管理されているか、法令に合致し、かつ、予算議決の趣旨に従ってなされているか等を主として監査する

(2) 例月出納検査(法第235条の2第1項の規定により行う検査をいう。)については、毎月の収入又は支出が適正、かつ、円滑に行われているかどうかを中心とし、現金の出納の状況を総括的に検査する

(3) 決算審査(法第233条第2項の規定により行う審査をいう。)については、決算計数を確認するとともに、予算の執行及び財産の管理等の適否を中心とし、財政運営が適正、かつ、円滑に行われているかどうかを審査する

(4) 財政的援助団体監査(法第199条第6項の規定により行う監査をいう。)については、町が与えている財政的援助にかかる出納のその他の事務の執行の適否及び援助効果を主として監査する

(5) 前各号以外の監査等の方針については、そのつど委員が協議して定める

(監査等実施基準)

第4条 監査等の実施基準は、委員の協議により別に定める。

(監査等の計画)

第5条 監査等の計画は、年間計画については監査等の実施時期を当該会計年度開始前に定めるものとし、月間計画については、監査等の対象ごとに監査実施予定期日を、前月の15日までに定めるものとする。

(監査等の実施)

第6条 監査等は、実地監査を原則とする。ただし、これを省略し書面監査によることができる。

2 監査等の質疑応答事項の要旨は、記録しておかなければならない。

(監査講評)

第7条 監査等の講評は、実地監査の際に口頭で行うものとする。ただし、実地監査を省略した場合は、書面によるものとする。

(監査資料)

第8条 監査等を実施する場合は、当該監査にかかる資料を委員が協議して提出を求めるものとする。

(報告及び公表)

第9条 監査等の報告及び公表は、おおむね次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 定期監査 監査のつど

(2) 例月出納検査 毎月とし公表は行わない

(3) その他の監査 そのつど。ただし、法令等で公表を要しないものは公表を省略する

2 前項の公表は、監査委員が協議のうえ必要と認めるものは、酒々井町監査委員条例(昭和33年酒々井町条例第2号)第5条の規定によるもののほか、広報ニューシスイに掲載して行うことができるものとする。

(補則)

第10条 この規定に定めるもののほか必要な事項は、監査委員が協議のうえ別に定めるものとする。

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

酒々井町監査委員職務執行規程

昭和53年5月17日 監査委員告示第1号

(昭和53年5月17日施行)