○職務に専念する義務の特例に関する規則

昭和54年1月18日

規則第4号

(目的)

第1条 この規則は、職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和40年酒々井町条例第19号。以下「条例」という。)第2条第3号の規定に基づき、職務に専念する義務の免除に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(職務に専念する義務を免除する場合)

第2条 条例第2条第3号に規定する町長が別に定める場合とは、次のとおりとする。

(1) 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第46条又は第49条の2第1項の規定により、勤務条件に関する措置の要求又は不利益処分に関する審査請求を行う場合

(2) 地方公務員災害補償法(昭和42年法律第121号)第51条の規定に基づき公務災害補償に関する審査請求を行う場合

(3) 学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する高等学校又は大学(短期大学を含む。)へ通学する場合

(4) 非常勤の消防団員であって、その職務として火災その他の消防活動に従事する場合

(5) 事務執行上必要な免許等を取得する場合で、主管課長の具申に基づき町長が認めた場合

(6) 町行政の運営上その地位を兼ねることが特に必要と認められる団体等の役職員の地位を兼ねその地位に基づく事務を行う場合

(7) 学校その他の団体等から依頼されて講演又は講義を行う場合

(8) 前各号に掲げるもののほか、町長が特に認めた場合

(補則)

第3条 この規則に定めるもののほか、職務に専念する義務の免除に関し必要な事項は町長が定める。

附 則

この規則は、昭和54年1月18日から施行する。

附 則(昭和58年規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年規則第9号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第11号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

職務に専念する義務の特例に関する規則

昭和54年1月18日 規則第4号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第4類 事/第3章
沿革情報
昭和54年1月18日 規則第4号
昭和58年3月2日 規則第4号
平成27年3月26日 規則第9号
平成28年3月29日 規則第11号