○酒々井町職員の勧奨退職に関する要綱

平成3年3月31日

告示第29号

(目的)

第1条 この要綱は、高年齢職員の勧奨退職に関し必要な事項を定め、職員の計画的な人事管理を図ることを目的とする。

(対象職員)

第2条 退職勧奨の対象職員は、年齢50歳以上の職員で、勤続期間が20年以上の者のうち任命権者(町長以外の任命権者は、町長と協議する。以下同じ。)が必要と認めた者とする。

2 前項に規定する対象職員の年齢の計算及び勤続年数の算定の基準日は、毎年3月31日現在とする。

(勧奨の時期)

第3条 対象職員に対する退職勧奨の時期は、任命権者がその都度必要があると認めたときに、退職勧奨通知書(別記第1号様式)により勧奨を行うものとする。

(退職の申出)

第4条 前条の規定による勧奨に応じようとする職員は、退職勧奨通知書の交付を受けた日から3か月以内に任命権者に対し、勧奨退職願(別記第2号様式)を提出しなければならない。

(退職の発令日)

第5条 退職の発令日は、退職勧奨に応じた日以後における最初の3月31日とする。ただし、任命権者が必要と認めた場合は、別に定めることができる。

(退職手当)

第6条 退職手当は、千葉県市町村職員退職手当条例(昭和30年千葉県市町村総合事務組合条例第1号)の規定に基づく退職手当を支給する。

(報告及び記録)

第7条 町長以外の任命権者は、勧奨退職の経過及び結果について町長に報告するものとする。

2 町長は、この要綱に基づき勧奨退職の記録(別記第3号様式)を作成するものとする。

3 前項に規定する勧奨退職記録は、総務課において保管するものとする。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、勧奨の実施に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成18年告示第61号の2)

この告示は、公示の日から施行する。

附 則(平成22年告示第67号)

この告示は、公示の日から施行する。

画像

画像

画像

酒々井町職員の勧奨退職に関する要綱

平成3年3月31日 告示第29号

(平成22年10月13日施行)