○酒々井町職員被服貸与規則

昭和53年1月5日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、別に定めるもののほか、本町職員に対し貸与する被服に関し必要な事項を定めるものとする。

第2条 被服を貸与される者(以下「被貸与者」という。)並びに貸与期間は、別表のとおりとする。

2 前項に定める員数及び貸与期間は、必要により町長がこれを増減、短縮又は延長することができる。

3 被貸与者は、被服貸与申請書(別記第1号様式)を提出しなければならない。

第3条 貸与期間の計算は、貸与の日から起算する。

(着用の義務)

第4条 被貸与者は、執務時間中常に貸与品を着用しなければならない。

(貸与品の管理)

第5条 貸与品は、善良な管理者の注意をもって管理しなければならない。

2 貸与品の補修等に要する費用は、被貸与者の負担とする。

(貸与品の返納)

第6条 貸与品は転任、退職、停職、休職又は貸与期間が経過したときは、直ちに返納しなければならない。ただし、町長が特に返納する必要がないと認めた貸与品については、この限りでない。

第7条 被貸与者は、貸与品を亡失し、又は損傷したときは、速やかに町長に届け出なければならない。

(被服貸与等)

第8条 総務課長は、被服貸与簿(別記第2号様式)を備え、貸与及び返納の状況を記録しなければならない。

(委任)

第9条 この規則の施行について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行の際、現に従前の規定により被貸与者に貸与されている貸与品については、この規則により貸与されたものとみなす。ただし、貸与期間の計算の始期は、現に貸与された日からとする。

附 則(昭和54年規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成15年規則第37号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成22年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表

被貸与者

貸与品

数量

貸与期間

摘要

調理員

白衣夏

2

1年

 

白衣冬

1

1年

三角帽

1

1年

ゴム前掛け

1

2年

ゴム長ぐつ

1

2年

画像

画像

酒々井町職員被服貸与規則

昭和53年1月5日 規則第1号

(平成22年3月19日施行)

体系情報
第4類 事/第4章 福利厚生
沿革情報
昭和53年1月5日 規則第1号
昭和54年7月2日 規則第7号
平成15年12月17日 規則第37号
平成22年3月19日 規則第2号