○酒々井町庁用自動車管理規程

平成12年3月24日

訓令第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、酒々井町が所有する庁用自動車等(町有バスを除く。以下「自動車等」という。)を適正に管理し、安全、かつ、効率的な運行を図るため、必要な事項を定めるものとする。

(総括管理者)

第2条 自動車等の総括管理を行うため、総括管理者を置く。

2 総括管理者は、企画財政課長とする。

(自動車等の管理)

第3条 庁用自動車等の円滑な運行管理を図るため自動車等の管理者(以下「管理者」という。)を置く。

2 管理者は、自動車等の所属する課等の長をもって充てる。

3 自動車等の保険に関する事務は、企画財政課において処理する。

(管理者の任務)

第4条 管理者は、所属する自動車等について次の各号に掲げる事項を行うものとする。

(1) 自動車等の使用の承認に関すること。

(2) 自動車等の点検、整備及び保管に関すること。

(3) 所属の自動車等について、他の所属課等から、その使用について協議があった場合の貸付けに関すること。

(運転者の任務)

第5条 運転者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 自動車等の使用を開始する時は、事前に管理者の使用許可を受けること。

(2) 自動車等の整備点検に留意し、常に良好な状態で運行すること。

(3) 自動車等の運転に当たっては常に関係法令を遵守し、安全な運行に努めること。

(4) 常に自動車等を清掃し、修理の必要が生じたときは、管理者を経て企画財政課に申し出てその指示を受けること。

(5) 自動車等の使用後、所定の場所に保管し、運転終了の旨を所属する課等の長に報告すること。

(6) 職員以外の者が自動車等を使用する場合は、書面により管理者及び総括管理者の許可を受けなければならない。

(使用制限等)

第6条 自動車等の使用は、公的な目的で管理が必要と認めた場合に限るものとする。

2 管理者は、災害その他緊急事態が発生し、又は発生するおそれがあるときは、自動車等の使用を停止し、若しくは制限し、又は管理上必要な措置を講ずることができる。

(燃料の補給)

第7条 燃料は、企画財政課が指定する給油所で補給するものとする。ただし、特別の事由がある場合は、この限りでない。

2 燃料は、努めて節約しなければならない。

(自動車の事故等)

第8条 自動車等に係る事故発生時、又は運転者が交通違反により取締りを受けた時は、法に規定する措置及び必要とされる措置を講ずるとともに、速やかにその状況を管理者及び総括管理者に報告し、指示を受けなければならない。

(補則)

第9条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成12年4月1日から施行する。

(酒々井町庁用自動車管理規程の廃止)

2 酒々井町庁用自動車管理規程(昭和39年酒々井町規程第3号)は、廃止する。

附 則(平成22年訓令第1号)

この訓令は、公示の日から施行する。

附 則(平成26年訓令第5号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

酒々井町庁用自動車管理規程

平成12年3月24日 訓令第2号

(平成26年4月1日施行)