○酒々井町隣保館管理規則

昭和57年4月1日

規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、酒々井町隣保館の設置及び管理に関する条例(昭和57年酒々井町条例第6号。以下「条例」という。)に基づき、隣保館の管理運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(職員の職務)

第2条 条例第5条に規定する職員の職務は、次のとおりとする。

(1) 隣保館長(以下「館長」という。)は、町長の命を受け、業務全般にわたって総括し、所属職員を指揮監督して隣保館の管理運営に当たる。

(2) 職員は、館長の指揮監督を受け隣保館の事務に従事する。

(使用時間)

第3条 隣保館の使用時間は、午前8時30分から午後5時までとする。ただし、館長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(休館日)

第4条 隣保館の休館日は、次のとおりとする。ただし、館長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(1) 定期休館日 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 年始休館日 1月2日、3日、4日

(4) 年末休館日 12月28日、29日、30日、31日

(5) 臨時休館日 特別の事情により館長が休館を必要と認めた日

(使用手続)

第5条 隣保館を使用しようとする者は、隣保館使用許可申請書(別記第1号様式)を使用しようとする3日前までに館長に提出し、館長の許可を受けなければならない。

2 館長は、前項に規定する申請書を審査し支障がないと認めたときは、隣保館使用許可通知書(別記第2号様式)を当該申請者に交付するものとする。ただし、館長が許可について必要であると認めるときは条件を付することができる。

(遵守事項)

第6条 隣保館を使用しようとする者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 施設及び設備をき損しないこと。

(2) 使用許可のない施設及び設備を使用しないこと。

(3) 所定の場所以外で喫煙又は火気を使用しないこと。

(4) 他人の迷惑になるような行為をしないこと。

(5) 使用後は、使用物件を整理し室内を清掃すること。

(6) 前各号に定めるもののほか、秩序の維持について館長が指示すること。

(施設及び設備のき損又は亡失の届出等)

第7条 隣保館の使用者が、当該施設及び設備をき損し若しくは亡失したときは、速やかにその旨を館長に届け出なければならない。

2 館長は、前項に規定する届出があった場合は、その旨を町長に報告しなければならない。

(使用許可の取消し)

第8条 館長は、次の各号の一に該当する場合は、隣保館の使用を取消し、又は不許可とすることができる。

(1) 隣保館の管理上支障があるとき

(2) 隣保館を使用させることが適当でないと認めるとき

(3) 条例第9条又はこの規則に違反したとき

(4) 前各号に定めるもののほか、館長が必要と認めるとき

附 則

この規則は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(平成12年規則第11号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成15年規則第18号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成22年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

酒々井町隣保館管理規則

昭和57年4月1日 規則第6号

(平成22年3月19日施行)