○酒々井町長寿者顕彰規程

昭和43年9月1日

規程第1号

(目的)

第1条 この規程は、多年にわたり社会の進展に寄与してきた老人に対し敬愛の念を表わし、その心身の保持に安定を与えるとともに、老人福祉の向上を図ることを目的とする。

(顕彰の範囲)

第2条 町長は、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第2条に規定する敬老の日(以下「敬老の日」という。)において、年齢のとなえ方に関する法律(昭和24年法律第96号)の規定により計算して、88歳の者を顕彰するものとする。

(顕彰の方法)

第3条 顕彰は、敬老の日に顕彰状及び記念品を授与してこれを行う。

(委任)

第4条 この規程の施行について必要な事項は、別に町長が定めるところによる。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。ただし、昭和43年度については、第2条第1項第1号以上にして生存者にこれを適用する。

附 則(平成15年告示第46号)

この告示は、平成15年の顕彰から適用する。

酒々井町長寿者顕彰規程

昭和43年9月1日 規程第1号

(平成15年6月6日施行)

体系情報
第7類 生/第1章
沿革情報
昭和43年9月1日 規程第1号
平成15年6月6日 告示第46号