○酒々井町立保育園の管理及び運営に関する規則

昭和58年4月1日

規則第8号

(趣旨)

第1条 この規則は、酒々井町立保育園設置に関する条例(昭和52年酒々井町条例第21号。以下「条例」という。)第7条の規定により、酒々井町立保育園(以下「保育園」という。)の管理及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 保育園においては、次に掲げる事業を行う。

(1) 児童に対する保育

(2) 時間外保育事業

2 前項第1号の保育は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)第20条第3項の保育必要量(同条第1項の認定がなされていない児童にあってはこれに相当するものとして町長が定める保育の量とし、条例第5条第3号に掲げる児童にあっては法第28条第1項第2号の内閣府令で定める1日当たりの時間及び期間とする。)の範囲内のものに限るものとする。

(保育利用時間等)

第3条 前条第2項に規定する保育の利用時間は、内閣府令第4条第1項に規定する1月当たり平均275時間まで(1日当たり11時間までに限る。以下「保育標準時間」という。)、及び同項に規定する1月当たり平均200時間まで(1日当たり8時間までに限る。以下「保育短時間」という。)の区分に応じ、次の各号に定める時間とする。

(1) 保育標準時間 午前7時から午後6時まで

(2) 保育短時間 午前9時から午後5時まで

2 保育園の休園日は、次のとおりとする。ただし、町長が必要と認めるときは、休園日を変更し、又は臨時に休園日を定めることができる。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める休日

(3) 12月29日から翌年1月3日まで(前2号に掲げる日を除く。)

(時間外保育事業)

第4条 第2条第1項第2号の時間外保育事業は、保育園に入園している児童が、前条第2項各号及び土曜日を除き、やむを得ない理由により第2条第1項第1号の保育提供を受ける時間以外の時間に保育を受ける必要がある場合に、当該保育を行う事業とする。

2 前項に規定する時間外保育事業の保育利用時間は、条例第2条の表に規定する区分に応じ、次の各号に定める時間とする。

(1) 酒々井町立中央保育園 午後6時から午後7時まで

(2) 酒々井町立岩橋保育園 午後6時から午後8時まで

3 前項の規定にかかわらず、保育短時間の認定を受けた児童に係る時間外保育事業の保育利用時間については、前条第1項第1号に規定する時間の範囲内とする。

4 前3項に定めるもののほか、時間外保育事業の利用に関し必要な事項は、町長が別に定める。

(臨時休園)

第5条 町長は、入園児童に感染症その他感染性の疾病がまん延することを予防するために、臨時に保育の全部又は一部を行わないことができる。

2 前項の定めるもののほか、町長が特に必要であると認めるときは、臨時に保育の全部又は一部を行わないことができる。

(施設等の管理)

第6条 園長は、保育園の施設、設備及び備品(以下「施設等」という。)の管理を統括し、職員をしてその管理を分掌しなければならない。

(園長の専決事項)

第7条 園長は、次の各号に掲げる事項を専決することができる。

(1) 保育園の年間行事の決定

(2) 日誌の確認

(3) 所属職員の年次休暇の承認

(4) 所属職員の時間外勤務命令、休日勤務命令及び特殊勤務命令

(5) 所属職員の旅行命令及び復命(宿泊を伴う県外旅行を除く。)

(6) 所属職員の週休日の振替及び代休日の指定

(7) 所属職員の事務分掌の決定

(8) 台帳類の作成、訂正及び記載の確認

(9) 時間外保育に係る申込書類の受付

(10) 前各号のほか、所掌事務のうち、定例に属し、かつ、重要でない事項の処理

(滅失又は損傷の報告)

第8条 園長は、施設等の全部又は一部が滅失し、又は損傷したときは、速やかに町長に報告しなければならない。

(事故報告)

第9条 園長は、次に掲げる事故が発生したときは、直ちに町長及び保護者並びに関係施設に報告しなければならない。

(1) 職員又は園児の死亡又は傷害

(2) 職員又は園児の感染症その他集団の疾病

(防火退避)

第10条 園長は、園の防火及び退避の計画を作成し、次の事項について町長に報告しなければならない。

(1) 防火についての組織、訓練に関すること。

(2) 消火器及び防火用水の管理に関すること。

(3) 火災発見時の処置に関すること。

(4) 火災時の児童の退避に関すること。

(5) 重要物品の搬出に関すること。

(6) 非常災害に備えて児童の安全及び職員のとるべき処置等に関すること。

(7) その他園長が必要と認める事項

(日課及び年間計画等)

第11条 園長は、保育園の日課、年間保育計画及び年間指導計画を定め、町長に報告しなければならない。

(保育状況報告)

第12条 園長は、毎月保育の実施人員の保育状況報告書(別記様式)を作成し、翌月10日までに町長に報告しなければならない。

(簿冊の備付け)

第13条 保育園に、次に掲げる簿冊及び書類を備え、常に整理しておかなければならない。

(1) 保育日誌

(2) 児童出席簿

(3) 児童票

(4) 児童健康診断書

(5) 給食献立表

(6) 食品出納簿

(7) 給食用脱脂粉乳受払台帳

(8) 保育児童台帳

(9) 物品台帳

(10) その他保育関係帳簿及び台帳

(服務規程の準用)

第14条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、酒々井町職員服務規程(平成4年酒々井町訓令第7号)を準用する。

(補則)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

(酒々井町保育所設置に関する条例施行規則の廃止)

2 酒々井町保育所設置に関する条例施行規則(昭和25年酒々井町規則第14号)は、廃止する。

附 則(昭和59年規則第6号)

この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年規則第15号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和60年規則第4号)

この規則は、昭和60年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年規則第6号)

この規則は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(昭和63年規則第10号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和63年4月1日から適用する。

附 則(平成元年規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、平成元年4月1日から適用する。

附 則(平成元年規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、平成元年4月1日から適用する。

附 則(平成2年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行し、平成2年4月1日から適用する。

附 則(平成3年規則第11号)

この規則は、公布の日から施行し、平成3年4月1日から適用する。

附 則(平成4年規則第9号)

この規則は、公布の日から施行し、平成4年4月1日から適用する。

附 則(平成5年規則第19号)

この規則は、公布の日から施行し、平成5年4月1日から適用する。

附 則(平成6年規則第22号)

この規則は、公布の日から施行し、平成6年4月1日から適用する。

附 則(平成8年規則第10号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年規則第5号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成10年規則第14号)

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成11年規則第7号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成18年規則第32号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第5号)

(施行期日)

1 この規則は、平成20年4月1日から施行する。

(酒々井町立保育園時間外保育料徴収規則の一部改正)

2 酒々井町立保育園時間外保育料徴収規則(平成18年酒々井町規則第32号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成22年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年規則第14号)

この規則は、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成24年法律第67号)の施行の日から施行する。

附 則(平成29年規則第15号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像画像

酒々井町立保育園の管理及び運営に関する規則

昭和58年4月1日 規則第8号

(平成29年3月31日施行)

体系情報
第7類 生/第1章
沿革情報
昭和58年4月1日 規則第8号
昭和59年3月29日 規則第6号
昭和59年7月25日 規則第15号
昭和60年3月30日 規則第4号
昭和61年4月1日 規則第6号
昭和63年5月2日 規則第10号
平成元年4月6日 規則第6号
平成2年4月27日 規則第2号
平成3年4月1日 規則第11号
平成4年4月1日 規則第9号
平成5年4月1日 規則第19号
平成6年12月15日 規則第22号
平成8年3月29日 規則第10号
平成9年3月14日 規則第5号
平成10年3月31日 規則第14号
平成11年3月30日 規則第7号
平成18年11月17日 規則第32号
平成20年3月5日 規則第5号
平成22年3月19日 規則第2号
平成27年3月27日 規則第14号
平成29年3月31日 規則第15号