○酒々井ちびっこ天国の設置及び管理に関する条例

平成19年3月20日

条例第2号

(設置)

第1条 健康の増進及びスポーツの振興を図るため、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定により、酒々井ちびっこ天国(以下「ちびっこ天国」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 ちびっこ天国の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

酒々井ちびっこ天国

酒々井町伊篠1番地の2

(開園時間)

第3条 ちびっこ天国の開園時間は、午前9時から午後5時までとする。ただし、町長が特に必要があると認めるときは、その時間を変更することができる。

(開園期間等)

第4条 ちびっこ天国の開園期間は町長が定める。ただし、町長が特に必要があると認めるときは、臨時に休園することができる。

(入園の制限)

第5条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、入園を拒み、又は退園させることができる。

(1) 公の秩序又は善良の風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 施設又は設備を損傷し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) ちびっこ天国の管理上支障があると認められるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、町長が入園を不適当と認めたとき。

(入園料)

第6条 入園者は、別表第1に定める入園料を支払わなければならない。

(入園料の免除)

第7条 町長は、規則で定めるところにより、入園料を免除することができる。

(入園料の還付)

第8条 既納の入園料は還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、この限りでない。

(1) 入園者の責めに帰することができない事由により利用ができなかったとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、町長が特別の理由があると認めたとき。

(駐車場等の利用料)

第9条 ちびっこ天国の施設内にある駐車場及びロッカー(以下「駐車場等」という。)を利用するときは、別表第2に定める利用料を支払わなければならない。

(物品販売等の許可)

第10条 ちびっこ天国において、次に掲げる行為をしようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

(1) 物品の販売

(2) 広告物の掲示及び配布

(3) 前2号に掲げるものに類する行為

2 町長は、前項の許可をする場合において、ちびっこ天国の管理上必要な条件を付することができる。

3 町長は、第5条第1号から第4号までのいずれかに該当するとき又は町長が行為を不適当と認めるときは、行為を許可しない。

(物品販売等の使用料)

第11条 前条第2項の許可を受けた者は、別表第3に定める使用料を支払わなければならない。

(損害賠償の義務)

第12条 入園者は、その責めに帰すべき理由により、ちびっこ天国の施設又は設備等をき損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(指定管理者による管理)

第13条 ちびっこ天国の管理は、法第244条の2第3項の規定により、法人その他の団体であって町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

2 前項の規定によりちびっこ天国の管理を指定管理者に行わせる場合は、第3条及び第4条の規定にかかわらず、指定管理者は、必要があると認めるときは、あらかじめ町長の承認を得て、ちびっこ天国の開園時間、開園期間及び休園日を変更することができる。

3 第1項の規定によりちびっこ天国の管理を指定管理者に行わせる場合は、第5条第7条第8条及び第10条の規定中「町長」とあるのは「指定管理者」と、第6条から第8条までの規定中「入園料」、第9条の規定中「利用料」及び第11条の規定中「使用料」とあるのは「利用料金」と読み替えるものとする。

(指定管理者が行う業務)

第14条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設及び設備の維持管理に関すること。

(2) 入園の承認に関すること。

(3) 利用に係る利用料金に関すること。

(4) 物品販売等の許可に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認める業務

(利用料金)

第15条 利用料金の額は、別表第1から別表第3までに定める額を上限として、指定管理者があらかじめ町長の承認を得て定めるものとする。

2 町長は、指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させるものとする。

(委任)

第16条 この条例に定めるもののほか、ちびっこ天国の設置及び運営に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年条例第8号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年条例第23号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

別表第1(第6条)

入園料

区分

1人当たりの料金

入園料

個人

幼児

200円

小学生・中学生

400円

高校生

800円

一般

1,200円

障害者・介助者

無料

団体

幼児

160円

小学生・中学生

320円

高校生

640円

一般

960円

障害者・介助者

無料

1 団体とは、20人以上で責任者のあるものをいう。

2 幼児とは、小学校就学の始期に達しない者(3歳未満のものを除く。)をいう。

3 小学生・中学生とは、小学校若しくは中学校に在学する児童若しくは生徒又はこれに準ずるものをいう。

4 高校生とは、高等学校、高等専門学校に在学する生徒又はこれらに準ずる者をいう。

5 一般とは、3歳未満の者、幼児及び小学生・中学生以外の者をいう。

6 障害者とは、身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に規定する身体障害者手帳の交付を受けた者、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条に規定する精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者又は療育手帳制度要綱(昭和48年厚生省発児第156号)に規定する療育手帳の交付を受けた者をいう。

7 介助者とは、障害者が介助を必要とする場合において、当該障害者を介助する者をいう。

別表第2(第9条)

駐車場等の利用料

駐車場(1日1台)

ロッカー(1回)

大型バス 2,500円

200円

マイクロバス 1,500円

普通自動車 800円

オートバイ 100円

別表第3(第11条) 物品販売等の使用料

区分

単位

金額

摘要

物品の販売

1m2

1日

200円

 

広告物の掲示

1m2

1年

20,000円

 

広告物の配布

1人

1日

200円

 

注 占有面積が1m2未満の端数があるときは、切り上げるものとする。

酒々井ちびっこ天国の設置及び管理に関する条例

平成19年3月20日 条例第2号

(平成22年4月1日施行)