○酒々井町水道事業処務規程

昭和63年3月31日

訓令第3号

(目的)

第1条 この規程は、酒々井町水道事業の設置等に関する条例(昭和43年酒々井町条例第9号)第3条第2項に規定する上下水道課(以下「課」という。)の組織及び業務執行に当たっての必要な事項を定め、もって水道事業の能率的な運営を図ることを目的とする。

(班の設置)

第2条 課に業務班及び工務班を置く。

(職制)

第3条 課に課長を置く。

2 前項に規定するもののほか必要があるときは、副課長、副参事、主幹、副主幹、主査及び副主査を置くことができる。

(職務)

第4条 課長は、上司の命令を受けて課の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 副課長は、課長を補佐し、職員の担任する事務を監督し、課の事務を総括整理する。

3 副参事、主幹、副主幹、主査及び副主査は、上司の命を受けて所掌事務を掌理する。

(分掌事務)

第5条 第2条に規定する班の分掌事務は、別表第1のとおりとする。

(事務の代決)

第6条 町長が不在のときは、課長がその事務を代決する。

2 課長が専決できる事項について、課長が不在のときは、副課長、副参事、主幹又は副主幹(以下「副課長等」という。)が置かれている場合には、副課長等が、課長及び副課長等が共に不在のときは、その事務を主管する主査が代決する。

(代決の制限)

第7条 重要若しくは異例に属する事項、新規の計画に関する事項又は至急に処理することを要しない事項については、前条の規定にかかわらず代決することができない。

(代決の報告)

第8条 事務を代決したとき代決者は、決裁文書に後閲と朱書きし、決裁権者登庁の際、直ちにその閲覧に供さなければならない。ただし、軽易なものは、省略することができる。

(専決)

第9条 課長の専決することができる事項(以下「専決事項」という。)は、別表第2のとおりとする。

(専決の制限)

第10条 課長は、専決事項であっても次の各号の一に該当すると認められるときは、町長の決裁を受けなければならない。

(1) 事案が重要であるとき。

(2) 事案が異例に属し又は先例となるおそれがあるとき。

(3) 事案について紛議論争のあるとき、又は紛議論争を生じるおそれがあるとき。

(4) その他、町長において事案を了知しておく必要があるとき。

(窓口事務の専決)

第11条 課長は、その専決事項のうち、窓口において直接処理を要するものに限り、担当職員をしてこれを処理させることができる。

(文書の取扱い及び公用文の作成)

第12条 町長が別に定めるもののほか、文書の取扱い及び公用文の作成は、酒々井町文書管理規程(平成13年酒々井町訓令第2号)の例による。

附 則

この訓令は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成3年訓令第2号)

この訓令は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成4年訓令第4号)

この訓令は、平成4年10月1日から施行する。

附 則(平成9年訓令第1号)

この訓令は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成13年訓令第5号)

この訓令は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令第3号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年訓令第7号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年訓令第1号)

この訓令は、公示の日から施行する。

附 則(平成23年訓令第1号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

別表第1(第5条関係)

業務班

(1) 水道財政計画及び調査に関すること。

(2) 水道事業の運営及び調整に関すること。

(3) 水道事業の会計に関すること。

(4) 水道料金の徴収等に関すること。

(5) 上水道事業運営協議会に関すること。

(6) 印旛広域水道に関すること。

(7) 課の庶務に関すること。

(8) その他、水道事業の業務に関すること。

工務班

(1) 水需要計画に関すること。

(2) 水道建設計画及び調査に関すること。

(3) 水道施設の建設に関すること。

(4) 水道施設の改良工事に関すること。

(5) 水道施設の維持管理に関すること。

(6) 水質に関すること。

(7) 給水装置に関すること。

(8) 水道指定工事店に関すること。

(9) その他、水道事業の工務に関すること。

別表第2(第9条関係)

専決者

専決事項

課長

(1) 定例的な調査、報告及び進達

(2) 定例的な許可認可、通知、照会及び回答

(3) 法令又は法令に基づいて行う原簿による諸証明及び謄抄本の交付

(4) 原簿、台帳等の作成、訂正及び記載の確認

(5) 課員の旅行命令及び復命(宿泊を伴う県外旅行を除く。)

(6) 課員の年次休暇の承認

(7) 課員の時間外勤務命令、休日勤務命令及び特殊勤務命令

(8) 課員の事務分担及び課内各班の調整

(9) 公印の管理

(10) 所属職員の事務引継

(11) 庁議事案の提出

(12) 課員の週休日の振替及び代休日の指定

(13) 公簿、図面等の閲覧の許可

(14) 使用料、手数料及びその他定額の収入に係る督促状の発送

(15) 車両及び備品類の管理

(16) 条例による諸給与金の支出負担行為の確認及び支出命令

(17) 旅費及び費用弁償並びに食糧費の支出負担行為の確認及び支出命令

(18) 前2号以外の支出で1件10万円以内の支出負担行為の確認及び支出命令

(19) 条例等で額の定まった収入の調定及び収入命令

(20) 1件10万円以内の予算の流用

(21) 水道料金の調定及び収入命令

(22) 水道料金の徴収

(23) 使用水量及び用途の認定

(24) 供給水の水質検査

(25) 漏水工事

(26) 工事に伴う断水及び給水制限並びに応急給水

(27) 給水装置設置工事の申込受付、設計審査、材料検査及びしゅん工検査

(28) 前各号のほか、所掌事務のうち定例に属し、かつ、重要でない事項の処理

酒々井町水道事業処務規程

昭和63年3月31日 訓令第3号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第7類 生/第4章
沿革情報
昭和63年3月31日 訓令第3号
平成3年3月30日 訓令第2号
平成4年10月1日 訓令第4号
平成9年3月24日 訓令第1号
平成13年3月29日 訓令第5号
平成18年3月31日 訓令第3号
平成20年3月31日 訓令第7号
平成22年3月19日 訓令第1号
平成23年3月31日 訓令第1号