○受水槽以下の装置に設置するメーターの取扱要綱

昭和56年3月20日

告示第6号

(趣旨)

第1条 この要綱は、酒々井町水道給水条例(昭和42年酒々井町条例第17号)第15条第6項に規定する受水槽以下の装置に設置する水道メーター(以下「メーター」という。)の取扱いについて必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「受水槽以下の装置」とは、集合住宅等への給水を目的として、受水槽から設けられた給水施設をいう。

(設置の申請)

第3条 受水槽以下の装置にメーターを設置しようとする者は、町長に申請するものとする。

(メーター)

第4条 受水槽以下の装置に設置するメーターは、町長の認定した隔測メーター装置で、かつ、町長の定める設置基準に適合していなければならない。また、配水管と受水槽の間にも町長の認定した親メーター(標準用メーター)を設置するものとする。

(建物の構造等)

第5条 受水槽以下の装置にメーターの設置を希望する者は、設置に支障を来すことのないよう建物の構造等を考慮しておかなければならない。

(メーターの寄附等)

第6条 受水槽以下の装置のメーター及び親メーターの設置に要する費用は、申請者の負担とし、当該メーターの設置後町に寄附するものとする。

(施工者)

第7条 メーターの設置及び修理等については、町長が認定した者が施工するものとする。

(検査)

第8条 受水槽以下の装置が完成した場合は、町長が別に定める給水装置工事検査要綱に基づいて検査を受けなければならない。

(維持管理)

第9条 受水槽以下の装置の所有者は、工事完成後、町長が別に定める受水槽以下の装置に関する維持管理契約書に基づき適正に管理するものとする。

2 受水槽以下の装置の使用者は、当該装置の維持管理を適正に行うものとする。

3 各戸メーター及び親メーターの検定期間が満了したとき、又は故障等の理由によるメーターの取替え及び修理は、町長が行うものとする。ただし、受水槽以下の装置の所有者又は使用者の責に係るものについては、この限りでない。

(使用水量)

第10条 町長は、親メーターの計量による使用水量と受水槽以下の装置に設置した各戸メーターの計量による合計使用水量の間に生じた水量の差に対する料金相当額については、徴収又は還付しない。ただし、親メーターと各戸メーターの間に漏水が発生した場合、又は装置上の欠陥により水量に差が生じた場合、その他町長が必要があると認めた場合は、この限りでない。

2 前項ただし書及び第5項の規定により、料金相当額を徴収する場合は、酒々井町水道給水条例第23条の規定による一般用の超過料金とする。

3 町長は、前項の規定にかかわらず公益上その他特別の理由があると認めたときは、料金を軽減又は免除することができる。

4 第1項の水量差の認定については、その月の前3月の使用水量の平均値及びその他の事情を考慮し、町長が認定するものとする。

5 受水槽以下の装置の清掃に水道水を使用しようとするときは、あらかじめ町長に届け出るとともに、水道事業職員の立会いにより水量を確認するものとする。

(所有者及び使用者の変更)

第11条 受水槽以下の装置の所有者又は使用者を変更するときは、所有者又は使用者は町長に届け出るとともに、第9条及び第10条に規定する事項を新所有者又は新使用者に熟知させ、義務の引継ぎをするものとする。

(雑則)

第12条 この要綱の実施に当たっての細目等については、受水槽以下の装置に設置するメーターの取扱要綱の実施細目及び隔測メーター装置の設置基準に定めるところによる。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年告示第22号)

この告示は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年告示第15号)

この告示は、公示の日から施行する。

受水槽以下の装置に設置するメーターの取扱要綱

昭和56年3月20日 告示第6号

(平成22年3月19日施行)