○酒々井町生涯生活センターの設置及び管理に関する条例

昭和62年3月16日

条例第2号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定により、酒々井町生涯生活センター(以下「生涯生活センター」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的及び設置)

第2条 町は、地域住民の生活の充実、文化の向上及び社会活動を総合的に推進するための拠点として、生涯生活センターを設置する。

(名称及び位置)

第3条 生涯生活センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

酒々井町生涯生活センター

酒々井町酒々井167番地の5

(管理)

第4条 生涯生活センターは、常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて最も効果的に運用しなければならない。

(使用の許可)

第5条 生涯生活センターを使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。また、許可を受けた事項を変更しようとするときも同様とする。

2 町長は、前項の規定により許可する場合においては、生涯生活センターの管理上必要な条件を付することができる。

(使用の不許可)

第6条 町長は、公益上及び施設保全に支障があると認められるときは、使用を許可しないことができる。

(使用許可の取消し等)

第7条 町長は、使用者がこの条例又はこの条例に基づく諸規定に違反したときは、使用の許可を取り消し、使用を停止させ、又は退館を命ずることができる。

(使用料)

第8条 生涯生活センターを使用しようとする者は、酒々井町使用料条例(昭和30年酒々井町条例第5号)に定める額の使用料を納入しなければならない。

(使用料の減免)

第9条 町長は、次の各号の一に該当する場合は、使用料を減額し、又は免除することができる。

(1) 国又は公共の団体が直接その用に供するとき。

(2) その他、公益上町長が必要と認めるとき。

(使用料の返還)

第10条 既に納入された使用料は、返還しない。ただし、使用者の責によらない事由により使用することができないときは、この限りでない。

(損害賠償)

第11条 使用者は、生涯生活センターの施設又は設備を損傷し、又は滅失したときは、速やかに町長に届け出なければならない。

2 前項の場合使用者は、町長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、町長がやむを得ないと認めたときは、賠償額を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第12条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、町長が規則で定める。

附 則

この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成22年条例第1号)

この条例は、公布の日から施行する。

酒々井町生涯生活センターの設置及び管理に関する条例

昭和62年3月16日 条例第2号

(平成22年3月19日施行)