○酒々井町一時保育事業実施規則

平成21年2月24日

規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、保護者の就労形態の多様化及び保護者の傷病等による緊急時の保育に対応するため、児童に対して一時的な保育を実施すること(以下「一時保育」という。)により、児童の福祉の増進を図ることを目的とする。

(一時保育の種類等)

第2条 一時保育の種類及び内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 非定形的保育サービス 保護者の就労形態等により、断続的に家庭における保育が困難となる児童に対して行う保育サービスをいう。

(2) 緊急保育サービス 保護者の傷病、入院、災害、事故、出産、看護、介護、冠婚葬祭その他社会的にやむを得ない事由により、緊急又は一時的に家庭における保育が困難となる児童に対して行う保育サービスをいう。

(3) 私的理由による保育サービス 保護者の育児に伴う心理的・肉体的負担を解消するため、一時的に保育が必要となる児童に対して行う保育サービスをいう。

(対象児童)

第3条 一時保育の対象となる児童は、当町に居住し、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第24条第1項の規定による保育の対象にならない児童であって、前条各号に掲げる一時保育を必要とする満6か月から小学校就学前までのものとする。

(実施保育園及び対象年齢)

第4条 一時保育を実施する保育園は、次の各号に掲げるとおりとし、その対象年齢は、当該各号に定めるとおりとする。

(1) 中央保育園 満1歳6か月から小学校就学前まで

(2) 岩橋保育園 満6か月から小学校就学前まで

(利用定員)

第5条 一時保育の利用定員は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 中央保育園 1日当たりおおむね2人

(2) 岩橋保育園 1日当たりおおむね3人

(利用可能日数)

第6条 一時保育の1月当たりの利用可能日数は、次の各号に掲げるとおりとする。ただし、町長が特に必要と認める場合は、この限りでない。

(1) 非定形的保育サービス 14日

(2) 緊急保育サービス 14日

(3) 私的理由による保育サービス 4日

(保育時間)

第7条 一時保育の時間は、酒々井町立保育園の管理及び運営に関する規則(昭和58年規則第8号)第3条に規定する保育園の休日及び土曜日を除き、午前8時30分から午後4時30分までとする。

(申込み)

第8条 一時保育の申込みをしようとする保護者は、当該一時保育の利用予定日前7日までに、一時保育申込書(別記第1号様式)により、町長に申込みをしなければならない。ただし、緊急性が高い理由により、当該一時保育の利用予定日前7日までに申込みをすることが困難と町長が認めるときは、この限りでない。

(承諾等)

第9条 町長は、前条の規定による申込みがあったときは、速やかにその内容を審査し、承諾の可否を決定し、一時保育承諾・不承諾通知書(別記第2号様式)により、当該申込みをした保護者に通知するものとする。

(承諾の取り消し等)

第10条 町長は、次の各号のいずれかに該当するときは、一時保育の承諾を取り消すことができる。

(1) 児童が第3条の要件を満たさなくなったとき。

(2) やむを得ない事由により、児童の保育を継続することが困難と認められるとき。

(3) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認めるとき。

2 町長は、前項の規定により一時保育の承諾を取り消すときは、一時保育承諾取消通知書(別記第3号様式)により、保護者に通知するものとする。

(辞退)

第11条 一時保育の利用を辞退しようとする保護者は、一時保育辞退届(別記第4号様式)により、町長に届け出なければならない。

(健康調査)

第12条 町長は、一時保育の申込みを受けたときは、母子手帳及び児童の生育状況等により、健康状態を把握するものとする。

(費用負担)

第13条 一時保育を利用する保護者は、別表に定めるところにより、その費用を負担しなければならない。ただし、生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯は、無料とする。

2 前項の費用は、事業を利用するつど、納付するものとする。ただし、町長が必要と認めるときは、別に納付期限を定めることができる。

(補則)

第14条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成21年5月1日から施行する。ただし、第8条の規定は平成21年4月24日から施行する。

附 則(平成26年規則第19号)

この規則は、平成26年7月1日から施行する。

附 則(平成26年規則第20号)

この規則は、平成26年7月14日から施行する。

附 則(平成27年規則第16号)

この規則は、子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成24年法律第67号)の施行の日から施行する。

別表(第13条第1項)

年齢区分

1日保育

半日保育

給食費

昼食

おやつ

3歳未満児

2,400円

1,200円

180円

80円

3歳以上児

1,200円

600円

180円

80円

備考

1 年齢は、一時保育を受ける年度の4月1日現在のものとする。

2 この表において「1日保育」とは、午前8時30分から午後4時30分までの間で、午前と午後にまたがる保育を言う。

3 この表において「半日保育」とは、午前8時30分から午後零時30分までの間又は午後零時30分から午後4時30分までの間の保育をいう。

4 やむを得ない理由で利用時間を超過する場合は、その超過した時間1時間(1時間以内の端数は、1時間として計算する。)当たり300円を負担するものとする。

5 昼食・おやつは保護者の希望とする。

画像

画像

画像

画像

酒々井町一時保育事業実施規則

平成21年2月24日 規則第2号

(平成27年4月1日施行)