○酒々井町救急医療情報キット配付事業実施要綱

平成24年1月12日

告示第2号

(趣旨)

第1条 この要綱は、かかりつけ医療機関や持病等、救急時に必要な情報を保管する救急医療情報キット(以下「キット」という。)を配付するために必要な事項を定めるものとする。

(キットの内容)

第2条 配付するキットの内容は、次のとおりとする。

(1) 保管容器

(2) ステッカー

(3) 救急情報シート

(定義)

第3条 この要綱において、障害者とは当該各号に定めるところによる。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定により身体障害者手帳の交付を受けた者であって、身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号に規定する1級又は2級の障害のある者

(2) 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第12条第1項に規定する児童相談所又は知的障害者福祉法(昭和35年法律第37号)第12条第1項に規定する知的障害者更生相談所において重度と判定された知的障害者又は療育手帳の交付を受けた者であって、その障害の程度が((A))((A))の1、((A))の2、Aの1又はAの2と判定された者

(3) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者であって、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行令(昭和25年政令第155号)第6条第3項の表に規定する1級の障害のある者

(4) 介護保険法(平成9年法律第123号)に基づき要介護1以上の認定を受けている者

(配付対象世帯)

第4条 補助金の交付対象となる者は、本町に住所を有する(住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき記録されていること。)者のうち、次の各号のいずれかに該当する世帯の世帯主とする。

なお、年齢は、第6条第1項の申請書を提出しようとする日の満年齢とする。

(1) 75歳以上の者で構成される世帯

(2) 75歳以上の者と障害者で構成される世帯

(3) 75歳以上の者と18歳以下の者(障害者を除く。)で構成される世帯

(4) 75歳以上の者と障害者及び18歳以下の者(障害者を除く。)で構成される世帯

(配付の申請)

第5条 キットの配付を受けようとする配付対象世帯の世帯員は、酒々井町救急医療情報キット配付申請書(別記第1号様式)により、町長に申請しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、世帯員が申請することができない場合は、代理人により申請することができるものとする。

(配付の決定等)

第6条 町長は、前条の規定による申請があった場合は、申請内容を審査し、キットの配付を決定したときは、救急医療情報キット配付簿(別記第2号様式)に登載し、キットを配付する。

2 キットの配付数は、配付対象世帯に対し1セットとする。

3 前項の規定にかかわらず、破損等再配付の必要があると認めるときは、キットを再配付することができる。

(費用負担)

第7条 キットは、無償で配付する。

(キットの管理)

第8条 キットの配付を受けた者は、善良な管理のもとにキットを使用するとともに、譲渡又は貸付けてはならないものとする。

(雑則)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成24年告示第52号)

この告示は、平成24年7月9日から施行する。

画像

画像

酒々井町救急医療情報キット配付事業実施要綱

平成24年1月12日 告示第2号

(平成24年7月9日施行)