○酒々井町新型インフルエンザ等対策本部設置要綱

平成28年9月1日

告示第64号

(趣旨)

第1条 この告示は、酒々井町新型インフルエンザ等対策本部条例(平成25年酒々井町条例第3号。以下「条例」という。)第1条に規定する酒々井町新型インフルエンザ等対策本部(以下「対策本部」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(対策本部設置及び閉鎖)

第2条 町長は、新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号。以下「法」という。)第32条第1項の規定に基づく公示がされた場合、速やかに対策本部を設置するものとする。

2 町長は、法第32条第5項の規定に基づく公示がされた場合、対策本部を閉鎖するものとする。

3 前2項の規定にかかわらず町長が特に必要と認める場合は、対策本部を設置及び閉鎖することができる。

(所掌事務)

第3条 対策本部は、次に掲げる事項を所掌する。

(1) 町内における新型インフルエンザ等への対策の総合的な推進に関する事項

(2) 町が実施する次に掲げる措置に関する事項

 新型インフルエンザ等に関する情報の事業者及び住民への提供

 住民に対する予防接種の実施その他新型インフルエンザ等のまん延の防止に関する措置

 生活環境の保全その他の住民の生活及び地域経済の安定に関すること。

(3) 新型インフルエンザ等への対策を実施するための体制に関する事項

(4) 新型インフルエンザ等への対策の実施に関して、他の地方公共団体その他の関係機関との連携に関する事項

(5) 前各号に掲げるもののほか、町内の新型インフルエンザ等への対策に関し町長が必要と認める事項

(組織)

第4条 酒々井町新型インフルエンザ等対策本部長(以下「本部長」という。)は、町長をもって充てる。

2 対策本部に本部員を置き次に掲げる者をもって充てる。

(1) 副町長

(2) 教育長

(3) 佐倉市八街市酒々井町消防組合消防長(以下「消防長」という。)又は、消防長が任命した消防吏員

3 町長は、前項各号に掲げる者の他本部員として別表に掲げる職にある者を任命する。

4 町長は、副本部長として、副町長及び教育長を指名する。

5 条例第2条第5項に規定する職員は、総務課及び健康福祉課の職員のうちから町長が任命する。

(会議)

第5条 対策本部の会議は、本部長が招集する。

2 本部長は、会議の議長となる。

3 本部長は、必要があると認めるときは、会議に本部員以外の出席を求め、その者から意見等を求めることができる。

(事務局)

第6条 対策本部の事務局は、総務課及び健康福祉課が次により分掌して行う。

(1) 関係機関等との連絡調整に関すること 総務課

(2) 健康被害の防止に関すること 健康福祉課

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか、対策本部の運営に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公示の日から施行する。

別表(第4条第3項関係)

総務課長

企画財政課長

住民協働課長

税務住民課長

健康福祉課長

経済環境課長

まちづくり課長

上下水道課長

会計課長

議会事務局長

こども課長

学校教育課長

生涯学習課長

酒々井町新型インフルエンザ等対策本部設置要綱

平成28年9月1日 告示第64号

(平成28年9月1日施行)