○総社市名誉市民条例施行規則

平成17年3月22日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は,総社市名誉市民条例(平成17年総社市条例第4号。以下「条例」という。)第8条の規定に基づき,条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(称号記等の形状)

第2条 条例第4条の称号記及び記章の形状は,別記のとおりとする。

(該当者の諮問)

第3条 市長は,条例第2条の規定に該当する者がある場合には,その者に係る調書,履歴書,住民票その他必要書類を添えて,条例第6条第1項に規定する総社市名誉市民選考委員会(以下「選考委員会」という。)に諮問するものとする。

(選考委員会の委員)

第4条 条例第6条第2項に規定する規則で定める者は,副市長及び次に掲げる者とする。

(1) 市議会の代表者

(2) 教育関係の代表者

(3) 農業関係の代表者

(4) 社会福祉関係の代表者

(5) 商工関係の代表者

(6) 学識経験者

(選考委員会)

第5条 選考委員会に委員長を置き,委員のうちから互選する。

2 委員長に事故があるとき,又は委員長が欠けたときは,あらかじめ委員長が定める委員がその職務を代理する。

3 選考委員会は,該当者の選考が終了したときは,その結果を市長に答申しなければならない。

(会議)

第6条 選考委員会は,市長が招集する。

2 委員長は,選考委員会の事務を総理し,会議の議長となる。

3 選考委員会は,委員の過半数が出席しなければ開くことができない。ただし,次項の規定により定数に満たないときは,この限りでない。

4 委員は,自己又は3親等内の親族に関する会議には,参与することができない。

(委員の任期)

第7条 委員の任期は,2年とし,再任を妨げない。ただし,第4条第6号による委員を除いた各委員は,その役職を退いたときは,委員の職を失うものとする。

2 補欠委員の任期は,前任者の残任期間とする。

(庶務)

第8条 選考委員会の庶務は,秘書室長が行う。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この規則は,平成17年3月22日から施行する。

附 則(平成19年3月29日規則第7号)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月28日規則第26号)

この規則は,平成20年4月1日から施行する。

画像画像

総社市名誉市民条例施行規則

平成17年3月22日 規則第1号

(平成20年4月1日施行)