○総社市行政資料複写サービスに関する規則

平成17年3月22日

規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は,本市の管理する行政資料(以下「資料」という。)の複写を希望する者に対して複写サービスを実施することに関し,別に定めがあるものを除くほか,必要な事項を定めるものとする。

(複写の原則)

第2条 複写する資料は,市民の利用に供することを目的として管理している資料を除き,法令に定められた手続に従って公開されたものでなければならない。

2 複写するに当たっては,著作権法(昭和45年法律第48号)に規定する権利を侵害するものであってはならない。

(複写サービスの対象)

第3条 複写サービスにより複写することができる物は,原則として資料に限るものとする。ただし,市長が適当と認めた場合は,この限りでない。

(複写の利用手続)

第4条 複写サービスを希望する者は,その旨を市長に申し込まなければならない。

2 市長は,大量の複写を申し込まれた場合などには,複写を断ることができる。

(費用の負担)

第5条 複写サービスを受けようとする者は,総社市情報公開条例施行規則(平成17年総社市規則第15号)別表に定める費用を負担しなければならない。

(費用の免除)

第6条 市長は,特に必要があると認めたときは,費用を免除することができる。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この規則は,平成17年3月22日から施行する。

総社市行政資料複写サービスに関する規則

平成17年3月22日 規則第10号

(平成17年3月22日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第3節 文書・公印
沿革情報
平成17年3月22日 規則第10号