○総社市職員定数条例

平成17年3月22日

条例第24号

(定義)

第1条 この条例において「職員」とは,市長,議会,選挙管理委員会,監査委員,農業委員会,教育委員会,消防機関及び水道企業の事務部局(教育委員会の所管に属する学校その他の教育機関を含む。以下同じ。)に勤務する一般職の地方公務員(臨時的任用(臨時の職に関するときに行うものに限る。)及び非常勤の職員を除く。)をいう。

(職員の定数)

第2条 職員の定数は,次に掲げるとおりとする。

(1) 市長の事務部局の職員 400人

(2) 議会の事務部局の職員 7人

(3) 選挙管理委員会の事務部局の職員 2人

(4) 監査委員の事務部局の職員 3人

(5) 農業委員会の事務部局の職員 3人

(6) 教育委員会の事務部局の職員 165人

(7) 消防職員 124人

(8) 企業職員 19人

合計 723人

2 前項に定める定数のほか,地方公共団体に派遣する職員の定数は,任命権者が必要と認める範囲内において定めることができる。

(職員の定数の配分)

第3条 前条に掲げる職員の定数の当該事務部局内の配分は,それぞれの任命権者が定める。ただし,社会福祉法(昭和26年法律第45号)第15条の規定による社会福祉事務所の職員定数は35人とし,前条第1項第1号の職員をもってこれに充てる。

附 則

(施行期日)

1 この条例は,平成17年3月22日から施行する。

(定数の特例)

2 この条例の施行の日から平成19年3月31日までの間に限り,第2条第1項第1号中「400人」とあるのは「398人」と,同項第2号中「7人」とあるのは「9人」とする。

附 則(平成29年3月22日条例第11号)

この条例は,平成29年5月12日から施行する。

附 則(令和元年9月20日条例第26号)

この条例は,令和2年4月1日から施行する。

総社市職員定数条例

平成17年3月22日 条例第24号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成17年3月22日 条例第24号
平成29年3月22日 条例第11号
令和元年9月20日 条例第26号