○総社市立学校教職員表彰規程

平成17年3月22日

教育委員会訓令第2号

(趣旨)

第1条 教育委員会は,総社市立学校教職員及び総社市立幼稚園教職員(以下「職員」という。)次の各号のいずれかに該当すると認められるときは,この規程の定めるところにより表彰する。

(1) 30年以上職員として在職し功労があったとき。

(2) 20年以上職員として在職し功労があり退職するとき。

(3) 職務遂行上特に他の模範となる行為があったとき。

(4) 職務上有益な発明又は発見をしたとき。

(5) 災害を未然に防止し,又は災害に際し特に貢献したとき。

(6) 危険を顧りみず,その職務を遂行し,そのため死亡し,又は精神若しくは身体に重度の障害が生じたとき。

(7) その他委員会において表彰を必要と認める業績又は行為があったとき。

(表彰の種類)

第2条 前条の表彰は,次の各号のいずれかにより,又はこれをあわせて行うことができる。

(1) 表彰状

(2) 感謝状

(3) 功労章

(4) ほう章

(5) 金品

(内申等)

第3条 所属長は,第1条各号のいずれかに該当する職員があると認めるときは,職員表彰内申書(別記様式)により委員会に内申するものとする。

第4条 教育委員会は,所属長から内申されたものについて,調査のうえ適当と認めた場合に表彰する。

第5条 教育委員会は,関係所属長その他必要と認める職員を会議に出席させ,説明を求め,その意見を徴することができる。

(公表)

第6条 この規程によって表彰された者は,総社市広報により公表する。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は,平成17年3月22日から施行する。

(在職期間の通算)

2 第1条第1号及び第2号の在職期間については,合併前の総社市,山手村若しくは清音村又は解散前の総社市外二箇村中学校組合の職員として在職した期間を通算する。

画像

総社市立学校教職員表彰規程

平成17年3月22日 教育委員会訓令第2号

(平成17年3月22日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会/第1節
沿革情報
平成17年3月22日 教育委員会訓令第2号