○総社市立学校宿日直の基準を定める規程

平成17年3月22日

教育委員会訓令第7号

第1条 総社市立学校管理規則(平成17年総社市教育委員会規則第8号)第34条の規定により,校長が定める当該学校の宿日直に関する基準は,この規程によるものとする。

第2条 宿日直に関する規程には,次について規定しなければならない。

(1) 宿日直者の任務

 文書の収受

 外部との連絡

 公印,鍵及び貴重品の保管

 施設及び設備の保全

 校内諸般の取締り

(2) 前号の任務に伴う事務の処理方法

(3) 宿日直者の人数

(4) 宿日直者の決定方法及び時期並びに変更の手続

(5) 宿日直の始まりの時刻及び終わりの時刻

(6) 巡視回数及び巡視時刻(宿日直の巡視回数は,各3回以上とする。)

(7) 巡視経路及び重要箇所の指定

(8) 各種行事があった場合の処置

(9) 非常事態が発生した場合の処置

(10) 宿日直日誌の記入提出及び検閲

(11) 宿日直の引継

第3条 前条に規定するもののほか,校長は,必要な定めを設けることができる。

附 則

この訓令は,平成17年3月22日から施行する。

附 則(平成22年3月25日教委訓令第1号)

この訓令は,公布の日から施行する。

総社市立学校宿日直の基準を定める規程

平成17年3月22日 教育委員会訓令第7号

(平成22年3月25日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年3月22日 教育委員会訓令第7号
平成22年3月25日 教育委員会訓令第1号