○総社市保健センター条例

平成17年3月22日

条例第157号

(設置)

第1条 市民の生活に密着した対人保健サービスを総合的に実施し,市民の健康づくりを推進するため,総社市保健センター(以下「保健センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 保健センターの名称及び位置は,次のとおりとする。

名称

位置

総社市保健センター

総社市中央一丁目1番3号

総社市山手保健センター

総社市地頭片山143番地1

(事業)

第3条 保健センターは,次の各号に掲げる事業を行う。

(1) 市民の日常生活における健康相談,保健指導,栄養指導,健康診査及び子育て支援等に関すること。

(2) 市民の自主的な保健活動の育成指導に関すること。

(3) その他保健センターの目的を達成するために必要な事業

(使用の許可)

第4条 保健センターを使用しようとする者は,あらかじめ市長に申請し,その許可を受けなければならない。許可された事項を変更しようとするときも,同様とする。

2 市長は,前項の許可について管理上必要な条件を付することができる。

(許可の制限)

第5条 市長は,次の各号のいずれかに該当すると認めるときは,保健センターの使用を許可しないことができる。

(1) 公安,風俗その他公益を害するおそれがあると認めるとき。

(2) 建物又は附属設備を破損するおそれがあると認めるとき。

(3) その他市長が管理上支障があると認めるとき。

(許可の取消し等)

第6条 市長は,保健センターの使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは,その使用の許可を取り消し,又はその使用を制限することができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 使用許可の条件に違反したとき。

(3) その他市長が特に必要と認めるとき。

(使用料)

第7条 保健センターの使用料は,無料とする。

(損害賠償)

第8条 使用者は,その責めに帰すべき理由により保健センターの施設若しくは設備を滅失し,若しくはき損した場合は,市長の定めるところに従い,これを原状に回復し,又はその損害を賠償しなければならない。

(その他)

第9条 この条例の施行について必要な事項は,規則で定める。

附 則

この条例は,平成17年3月22日から施行する。

総社市保健センター条例

平成17年3月22日 条例第157号

(平成17年3月22日施行)

体系情報
第9編 市民生活/第2章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成17年3月22日 条例第157号