○総社市農業委員会事務局処務規程

平成17年4月1日

農業委員会訓令第2号

(趣旨)

第1条 この規程は,総社市農業委員会事務局の設置及び処務を定めるものとする。

(設置)

第2条 総社市農業委員会(以下「委員会」という。)の事務を処理するため,総社市農業委員会事務局(以下「事務局」という。)を置く。

(職員)

第3条 職員の定数は,総社市職員定数条例(平成17年総社市条例第24号)の定めるところによる。

2 職員の職名は,事務局長(以下「局長」という。),次長,主査,主任及び主事とする。

(職務)

第4条 局長は,会長の命を受け,事務局の事務を掌理し,職員を指揮監督する。

2 次長は,局長を助け,事務局の事務を整理し,局長に事故があるときは,その職務を代理する。

3 主査は,上司の命を受け,事務局の事務を処理し,次長に事故があるときは,その職務を代理する。

4 主任は,上司の命を受け,事務局のうち特定の事項を処理し,所属職員を指揮する。

5 職員は,上司の指示に従い担当の事務に従事する。

(専決)

第5条 次の事項は,局長が専決することができる。ただし,重要又は異例と認める事項については,この限りでない。

(1) 農地法(昭和27年法律第229号)第3条の3,第4条第1項第8号及び第5条第1項第7号の規定による届出の受理又は不受理の決定をすること。

(2) 文書の収受及び送達に関すること。

(3) 軽易の照会及び回答に関すること。

(4) 職員の県内旅行命令に関すること。

(5) 職員の休暇に関すること。

(6) 職員の休日勤務及び時間外勤務命令に関すること。

(7) 公簿による証明に関すること。

(8) 農業者年金に関すること。

(9) その他軽易又は定例に属する事項

(文書の処理)

第6条 起案文書は,前条に定める事項を除くほか,すべて次長及び局長を経て,会長の決裁を受けるものとする。ただし,急施を要するものについては,局長が代決する。この場合,局長の代決した事項は,会長の後閲を受けなければならない。

2 その他文書の取扱いについては,総社市の文書の取扱いの例による。

(分限,懲戒及び服務)

第7条 職員の分限,懲戒及び服務については,総社市職員の例による。

(給料等の支給手続)

第8条 職員に対する給料,旅費,手当その他諸給与の支給手続は,すべて総社市役所の例による。

(公印)

第9条 農業委員会,農業委員会長及び局長の公印は,次のとおりとする。

公印の種類

整理番号

書体

寸法

使用区分

印材

個数

総社市農業委員会印

1

れい書

方21ミリ

農業委員会名をもってする文書

1

総社市農業委員会長之印

2

てん書

方20ミリ

農業委員会長名をもってする文書

1

総社市農業委員会事務局長之印

3

てん書

方21ミリ

局長名をもってする文書

1

(その他)

第10条 この規程に定めるもののほか,必要な事項は,会長が別に定める。

附 則

この訓令は,平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年1月10日農委訓令第1号)

この訓令は,公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月12日農委訓令第1号)

この訓令は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月25日農委訓令第1号)

この訓令は,公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月24日農委訓令第1号)

この訓令は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月19日農委訓令第1号)

この訓令は,公布の日から施行する。

総社市農業委員会事務局処務規程

平成17年4月1日 農業委員会訓令第2号

(令和2年3月19日施行)

体系情報
第10編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
平成17年4月1日 農業委員会訓令第2号
平成18年1月10日 農業委員会訓令第1号
平成19年3月12日 農業委員会訓令第1号
平成23年3月25日 農業委員会訓令第1号
平成27年3月24日 農業委員会訓令第1号
令和2年3月19日 農業委員会訓令第1号