○総社市有害鳥獣捕獲報奨金交付要綱

平成17年3月22日

告示第80号

(趣旨)

第1条 市長は,有害鳥獣の捕獲を促進し,もって農林作物の被害防止を図るため,この要綱の定めるところにより,予算の範囲内において総社市有害鳥獣捕獲報奨金(以下「報奨金」という。)を交付する。

(報奨金の名称等)

第2条 報奨金の種類等は,別表に定めるとおりとする。

(報奨金の交付申請)

第3条 報奨金の交付を受けようとする者は,捕獲後速やかに有害鳥獣捕獲報奨金交付申請書(以下「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 市長は,前項の申請書を受けたときは,その申請内容を審査し,適当と認めたときは,申請者に対して報奨金を交付するものとする。

(報奨金の返還命令等)

第4条 市長は,報奨金の交付を受けようとする者又は受けると決定した者が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは,報奨金を交付せず,又は既に交付した報奨金の全部若しくは一部の返還を命ずることができる。

(1) この要綱に違反したとき。

(2) 申請書の記載事項に虚偽又は不正があったとき。

(3) 捕獲鳥獣が病死,その他の原因によると認められるもの

附 則

この告示は,平成17年3月22日から施行する。

附 則(平成20年6月12日告示第72号)

この告示は,平成20年7月1日から施行する。

附 則(平成25年3月29日告示第36号)

この告示は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日告示第22号)

この告示は,平成27年5月29日から施行し,同日以降の捕獲について適用する。

附 則(平成27年6月19日告示第84号)

この告示は,公布の日から施行する。

附 則(平成27年9月18日告示第93号)

この告示は,公布の日から施行する。

附 則(平成29年9月7日告示第110号)

(施行期日)

1 この告示は,公布の日から施行し,平成29年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 改正後の別表の2の項交付対象者の欄中「同上」とあるのは,平成30年3月31日までの間,「市内において組織する狩猟団体に所属する駆除班」と読み替えるものとする。

別表(第2条関係)

報奨金の種類

交付対象者

要件

交付限度額

申請時期

1 イノシシ,シカ,ヌートリア及びサル捕獲報奨金

市内において組織する狩猟団体に所属する駆除班員

市内で捕獲したイノシシ,シカ,ヌートリア又はサル。ただし,2及び3の要件に該当するものを除く。

イノシシ又はシカ1頭につき8,000円,ヌートリア1頭につき2,000円,サル1匹につき38,000円。ただし,有害鳥獣捕獲許可の捕獲数以内

随時

2 イノシシ,シカ及びサル一斉許可捕獲報奨金

同上

岡山県有害獣捕獲強化対策事業実施要領(平成27年3月31日付け農振第681号)の期間内に市内で捕獲したイノシシ,シカ又はサル

イノシシ又はシカ1頭につき16,000円,サル1匹につき42,000円。ただし,有害鳥獣捕獲許可の捕獲数以内

同上

3 イノシシ及びシカ狩猟捕獲報奨金

市内において組織する狩猟団体に所属する狩猟者

狩猟期間内に市内で捕獲したイノシシ又はシカ

イノシシ又はシカ1頭につき8,000円

同上

総社市有害鳥獣捕獲報奨金交付要綱

平成17年3月22日 告示第80号

(平成29年9月7日施行)

体系情報
第10編 産業経済/第2章 農林畜産/第1節
沿革情報
平成17年3月22日 告示第80号
平成20年6月12日 告示第72号
平成25年3月29日 告示第36号
平成27年3月30日 告示第22号
平成27年6月19日 告示第84号
平成27年9月18日 告示第93号
平成29年9月7日 告示第110号