○総社市農産物加工センター条例

平成17年3月22日

条例第178号

(設置)

第1条 市内産農産物の共同加工及び特産品の開発研究を推進するとともに地域住民との交流の場とすることを目的とするため,総社市農産物加工センター(以下「加工センター」という。)を設置する。

(位置)

第2条 加工センターは,総社市清音軽部785番地2に置く。

(使用の範囲)

第3条 加工センターを使用することができる者は,市内在住者とする。ただし,市長が必要と認める場合は,この限りでない。

(使用の許可)

第4条 加工センターを使用しようとする者(以下「使用者」という。)は,市長の許可を受けなければならない。

2 市長は,管理上必要があると認めるときは,前項の許可について条件を付することができる。

(使用許可の取消等)

第5条 次の各号のいずれかに該当すると認めるときは,市長は,加工センターの使用許可を取り消すことができる。

(1) この条例又は使用許可の条件に違反したとき。

(2) その他市長が管理上支障があると認めるとき。

(使用料)

第6条 加工センターの使用料は,1日1回につき3,000円とする。ただし,市長が特に必要と認めるときは,使用料を免除することができる。

(禁止行為)

第7条 使用者は,加工センターにおいて次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 設備等を損傷し,又は滅失するおそれのある行為をすること。

(2) 使用の許可を受けたものが許可目的以外の目的に使用し,又は使用の権利を譲渡し,若しくは転貸すること。

(3) 飲酒をすること。

(4) 所定の場所以外においてごみその他汚物を捨てること。

(5) 危険物,人の迷惑となるような物その他衛生上問題のある物を持ち込むこと。

(6) その他市長が適当でないと認めること。

(原状回復の義務)

第8条 使用者は,その使用が終わったときは,直ちに設備その他を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第9条 使用者は,その責めに帰すべき理由により設備等を滅失し,又は損傷した場合は,これを原状に回復し,又はその損害を賠償しなければならない。

(その他)

第10条 この条例の施行について必要な事項は,別に定める。

附 則

この条例は,平成17年3月22日から施行する。

附 則(平成28年3月25日条例第18号)

この条例は,平成28年4月1日から施行する。

総社市農産物加工センター条例

平成17年3月22日 条例第178号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第10編 産業経済/第2章 農林畜産/第1節
沿革情報
平成17年3月22日 条例第178号
平成28年3月25日 条例第18号