○総社市勤労者総合福祉センター条例

平成17年3月22日

条例第188号

(設置)

第1条 勤労者の福祉増進,教養文化の向上及び余暇利用の充実を図ることを目的として,総社市勤労者総合福祉センター(以下「サンワーク総社」という。)を設置する。

(位置)

第2条 サンワーク総社の位置は,総社市駅南一丁目5番地7とする。

(事業)

第3条 サンワーク総社は,第1条の目的を達成するため,次に掲げる事業を行う。

(1) 勤労者の教養文化活動,研修会等のために必要な施設等の提供

(2) 勤労者の体力の増進を図るために必要な施設等の提供

(3) その他サンワーク総社の目的を達成するために必要な事業

(利用資格者)

第4条 サンワーク総社を利用することができる者は,本市に住所若しくは居所を有する者又は本市に所在する事業所等で働く者とする。ただし,市長が特に必要があると認めた場合は,この限りでない。

(利用の許可)

第5条 サンワーク総社を利用しようとする者は,市長の許可を受けなければならない。

2 市長は,前項の許可をする場合において,管理上必要な条件を付すことができる。

(利用の制限)

第6条 市長は,次の各号のいずれかに該当するときは,その利用を許可しないことができる。

(1) 公安,風俗その他公益を害するおそれがあるとき。

(2) 建物又は設備を損傷するおそれがあるとき。

(3) その他市長が管理上支障があると認めるとき。

(利用許可の取消し等)

第7条 サンワーク総社の利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が,次の各号のいずれかに該当するときは,その利用の許可を取り消し,又はその利用を制限し,停止し,若しくは退去を命ずることができる。

(1) この条例又はこれに基づく規則に違反したとき。

(2) 利用許可の条件に違反したとき。

(3) その他市長において必要があるとき。

2 前項の規定により利用許可の取消し等があった場合において,利用者に損害が生ずることがあっても,市長はその責めを負わない。

(禁止行為)

第8条 利用者は,サンワーク総社において次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設,器具類を損傷し,又は滅失するおそれのある行為をすること。

(2) 物品の販売その他商行為をすること。

(3) 所定の場所以外においてごみその他汚物を捨て,又は飲食し,喫煙し,若しくは火気を利用すること。

(4) 許可を受けないで印刷物,ポスター等を配布し,又は掲示すること。

(5) 危険物その他他人の迷惑となる物を持ち込むこと。

(許可の譲渡等の禁止)

第9条 利用者は,利用の権利を譲渡し,又は転貸することができない。

(損害賠償の義務)

第10条 利用者は,その責めに帰すべき理由によりサンワーク総社の建物若しくは設備を損傷し,又は滅失した場合は,これを原状に回復し,又はその損害を賠償しなければならない。

(使用料)

第11条 サンワーク総社の使用料は,無料とする。

(その他)

第12条 この条例の施行について必要な事項は,規則で定める。

附 則

この条例は,平成17年3月22日から施行する。

附 則(平成30年3月22日条例第25号)

この条例は,土地区画整理法(昭和29年法律第119号)第103条第4項の規定による岡山県南広域都市計画総社駅南地区土地区画整理事業の換地処分の公告があった日の翌日から施行する。

総社市勤労者総合福祉センター条例

平成17年3月22日 条例第188号

(平成30年7月14日施行)