○総社市監査委員職務執行規程

平成17年5月11日

監査委員告示第1号

(趣旨)

第1条 この規程は,総社市監査委員条例(平成17年総社市条例第21号。以下「条例」という。)第7条の規定に基づき,監査委員の職務の執行に関し必要な事項を定めるものとする。

(監査,検査等の期日)

第2条 条例第3条の規定による監査又は検査の期日は,次のとおりとする。

(1) 地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第199条第4項の規定による監査は,毎年度策定する監査執行計画で定めた日時

(2) 市民,市議会,市長又はその他法令に基づき監査の請求又は要求の権限を有する者から,監査の請求又は要求があったときは,その請求又は要求を受理した日から10日以内の日時

(3) 前2号以外の監査は,監査委員が必要と認めた日時

(4) 法第235条の2第1項の規定による現金の出納検査は,その月分を公営企業会計については翌月21日,22日の両日,その他の会計については翌月14日,15日の両日。ただし,その日が休日に当たるときは,その翌日

2 前項各号の規定による監査又は検査の期日に支障があると監査委員が認めるときは,その期日を変更することができる。

(監査期日の相手方への通知)

第3条 前条の規定により決定した監査期日を,監査対象機関に通知するときは,前条第1項第1号の監査についてはその期日の10日前までに,その他の監査については期日決定後速やかに行わなければならない。ただし,監査委員が,緊急を要すると認めるとき,又は監査執行上期日を予告することが不適当であると認めるときにあっては,通知を行わないものとする。

(決算の審査)

第4条 法第233条第2項,地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第5条第3項及び地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第30条第2項の規定による決算及び証書類等が審査に付されたときは,監査委員は10日以内に審査に着手し,審査を終了したときは,速やかに意見を付けて市長に回付しなければならない。

(資料の要求)

第5条 条例第4条の規定により,職務執行上必要な説明,報告,調書等の提出を求める場合,あらかじめ定めた様式により作成される関係資料を併せて要求することができる。

(検査,監査,審査等の基準)

第6条 監査委員が,その職務を遂行するに必要な検査,監査,審査等の基準は,監査委員の合議により決定した監査基準によるものとする。

(その他)

第7条 この規程に定めるもののほか,監査職務執行上必要な事項については,監査委員合議の上,その都度定めるものとする。

附 則

この告示は,平成17年5月11日から施行する。

附 則(令和2年3月19日監委告示第1号)

この告示は,令和2年4月1日から施行する。

総社市監査委員職務執行規程

平成17年5月11日 監査委員告示第1号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第4章 監査委員
沿革情報
平成17年5月11日 監査委員告示第1号
令和2年3月19日 監査委員告示第1号