○総社市監査事務局規程

平成17年5月11日

監査委員告示第2号

(趣旨)

第1条 この規程は,総社市監査委員条例(平成17年総社市条例第21号)第7条の規定に基づき,総社市監査事務局(以下「事務局」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員の職名)

第2条 事務局の職員の職名は,事務局長(以下「局長」という。),次長及び主事とする。

2 次長及び主事は書記のうちからこれに充てる。

(職務)

第3条 局長は,監査委員の命を受け,事務局の事務を掌理し,職員を指揮監督する。

2 次長は,局長を補佐し,事務局の事務を処理し,局長に事故があるときは,その職務を代理する。

3 主事は,上司の命を受け,その事務に従事する。

(局長の専決事項)

第4条 次に掲げる事項は,局長において専決することができる。ただし,重要又は異例であると認める事項については,代表監査委員の承認を受けなければならない。

(1) 職員の旅行命令に関すること。

(2) 職員の休暇,欠勤その他諸願出及び届出等の処理に関すること。

(3) 職員の休日及び時間外の勤務命令に関すること。

(4) 文書の収受,発送並びに軽易な報告,照会及び回答等に関すること。

(5) 経費の支出に関すること。

(6) その他所掌事務のうち,定例又は軽易な事項に属するものに関すること。

(専決事項の報告)

第5条 前条の規定により専決処理したもので必要と認めるものについては,局長は,速やかにこれを代表監査委員に報告しなければならない。

(事務の代決)

第6条 局長が不在のときは,次長がその事務を代決することができる。

2 前項の規定により代決した事項は,後閲を受けなければならない。

(文書の処理)

第7条 起案文書は,第4条に定める事項を除くほかは,すべて局長を経て,法令及び条例の定めるところにより監査委員の職務権限に属する事項は監査委員の,その他の事項は代表監査委員の決裁を受けなければならない。ただし,代表監査委員の決裁を受ける事項で急施を要する場合は,局長において代決することができる。この場合局長の代決した事項は,代表監査委員の後閲を受けなければならない。

2 前項の規定により,監査委員の決裁を要する文書には「A」,局長の専決事項に属する文書には「B」の表示をしなければならない。

第8条 文書は,文書管理台帳(様式第1号)により収受し,発送しなければならない。ただし,軽易なものについては,この限りでない。

2 主要文書を他部局に送付するときは,文書送付簿(様式第2号)に記載し,受領者の認印を受けなければならない。

3 その他文書の取扱いについては,総社市の文書の取扱いの例による。

(服務)

第9条 職員の服務については,総社市職員の例による。

(公印)

第10条 公印は,次のとおりとする。

公印の種類

整理番号

書体

寸法

使用区分

印材

個数

総社市代表監査委員之印

1

てん書

方17ミリ

代表監査委員名をもってする文書

1

総社市代表監査委員職務代理者之印

2

方18ミリ

代表監査委員職務代理者名をもってする文書

1

総社市監査委員之印

3

方17ミリ

監査委員名をもってする文書

1

総社市監査委員職務執行者之印

4

方18ミリ

監査委員職務執行者名をもってする文書

1

総社市監査事務局之印

5

方20ミリ

事務局名をもってする文書

1

総社市監査事務局長之印

6

方15ミリ

事務局長名をもってする文書

1

附 則

この告示は,平成17年5月11日から施行する。

附 則(平成19年3月29日監委告示第2号)

この告示は,平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

総社市監査事務局規程

平成17年5月11日 監査委員告示第2号

(平成19年4月1日施行)