○総社市議会議員の平成22年6月の期末手当の特例に関する条例

平成22年3月23日

条例第10号

総社市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例(平成17年総社市条例第34号)第4条第2項の規定にかかわらず,総社市議会議員の平成22年6月に支給する期末手当に限り,期末手当の額は,平成22年6月1日(以下「基準日」という。)現在(退職等した議会の議員にあっては,退職等した日現在)においてその者の受けるべき議員報酬の月額及びその議員報酬の月額に100分の15を乗じて得た額の合計額に100分の145を乗じて得た額に,基準日以前6月以内の期間における議員の在職期間(引き続き在職した者については,前任期間を通算することができる。)に応じて,次に掲げる割合を乗じて得た額とする。

(1) 在職期間が6月の場合 100分の100

(2) 在職期間が3月以上6月未満の場合 100分の60

(3) 在職期間が3月未満の場合 100分の30

附 則

この条例は,公布の日から施行する。

総社市議会議員の平成22年6月の期末手当の特例に関する条例

平成22年3月23日 条例第10号

(平成22年3月23日施行)

体系情報
第5編 与/第1章 報酬・費用弁償
沿革情報
平成22年3月23日 条例第10号