○総社市立学校評議員設置要綱

平成25年3月27日

教育委員会告示第4号

(趣旨)

第1条 この要綱は,総社市立学校管理規則(平成17年総社市教育委員会規則第8号)第24条に定めるもののほか,学校評議員(以下「評議員」という。)の設置に関し,必要な事項を定めるものとする。

(評議員の役割)

第2条 学校長が評議員から学校運営に関し意見や助言を求める項目は,おおむね次のとおりとする。ただし,学校長の権限その他教育の中立性を侵す事項を除くものとする。

(1) 学校の運営方針に関すること。

(2) 教育活動の実施に関すること。

(3) 地域社会との連携の進め方に関すること。

(4) その他学校長が必要と認めたもの

(評議員)

第3条 評議員は,教育に関する理解及び識見を有する者で,次の各号に掲げるもののうちから,学校長の推薦により,教育委員会が委嘱する。

(1) 保護者の代表

(2) 地域の有識者

(3) 地域の社会福祉の関係者

(4) その他教育に関し,理解を有すると学校長が認めた者

(評議員の人数)

第4条 評議員の人数は,10人以内とする。

(評議員の任期)

第5条 評議員の任期は,委嘱した日から当該年度の3月31日までとし,再任は妨げない。

(会議)

第6条 学校長は,評議員から個別に意見を求めることとし,必要に応じ,各評議員が意見交換を行う機会を設けることができる。

2 学校長が評議員に意見を求める際には,学校の教育方針,教育計画及び教育活動及び児童生徒の活動状況を評議員に対して説明を行うものとする。

(守秘義務)

第7条 評議員は職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(報酬及び費用弁償)

第8条 評議員には,報酬及び費用弁償は支給しない。

(庶務)

第9条 評議員に関する庶務は,学校長が指名する者が処理する。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか,評議員会議の運営等に関し必要な事項は,学校長が定める。

附 則

この告示は,平成25年4月1日から施行する。

総社市立学校評議員設置要綱

平成25年3月27日 教育委員会告示第4号

(平成25年4月1日施行)