○総社市大規模災害被災地支援に関する条例施行規則

平成25年12月24日

規則第32号

(職員の派遣)

第2条 条例第3条第3号に規定する職員の派遣は,職務命令による出張とする。

(支援活動に対する援助)

第3条 条例第6条第1号に規定するボランティア保険は,原則として社会福祉法人総社市社会福祉協議会において加入手続きを行うものとし,1,000円を上限とし援助する。

2 条例第6条の援助を受けようとするものは,あらかじめボランティア登録申込書(様式第1号)により登録し,ボランティア援助申請書(様式第2号)により市長に申請するものとする。

(支援等の公表)

第4条 条例第7条に規定する公表の方法は,広報紙その他の方法により行うものとする。

(被災地支援会議の構成)

第5条 条例第8条に規定する被災地支援会議(以下「支援会議」という。)は,会長,副会長及び委員をもって構成する。

2 会長は,市長をもって充てる。

3 副会長は,副市長をもって充てる。

4 委員は,総社市庁議設置規程(平成17年総社市訓令第6号)第2条に規定する構成員(市長及び副市長を除く。)及び議会事務局長をもって充てる。

(会長等の職務)

第6条 会長は,支援会議を代表し,会務を総理する。

2 副会長は,会長を補佐し,会長に事故があるときは,その職務を代理する。

3 委員は,会長の命を受けて支援会議の所掌事務に従事する。

(支援会議の招集)

第7条 支援会議は,会長が招集する。

2 会長は,必要があると認めるときは,支援会議に関係職員の出席を求めることができる。

(支援会議の所掌事務)

第8条 支援会議は,次の各号に掲げる事務を行う。

(1) 支援の実施決定に関すること。

(2) 支援の内容に関すること。

(3) 支援の体制に関すること。

(4) その他支援の実施に関し必要な事項

(庶務)

第9条 支援会議の庶務は,危機管理室において処理する。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月30日規則第10号)

(施行期日)

1 この規則は,平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

総社市大規模災害被災地支援に関する条例施行規則

平成25年12月24日 規則第32号

(平成27年4月1日施行)