○須恵町農業振興審議会条例

昭和44年3月19日

須恵町条例第1号

(審議会の目的及び設置)

第1条 農業基本法(昭和36年法律第127号)の趣旨に従い、須恵町の農業振興を図る諸施策に関し、諮問に応ずる答申、意見の開陳又は調査を行なうため須恵町農業振興審議会(以下「審議会」という。)を設置する。

(組織)

第2条 審議会は、委員12名をもつて組織し、他に推進部会を置くことができる。

(委員及び推進部会員)

第3条 委員及び推進部会は、次の各号に掲げる者のうちから町長が任命する。

(1) 委員

 須恵町議会議員 5名

 須恵町内の公共的団体の代表者 1名

 須恵町農業委員会委員 3名

 学識経験者 3名

(2) 推進部会員

 普通作部会

 酪農組合

 養豚組合

 養鶏組合

 花き園芸組合

 畜産組合

 園芸組合

(会長及び会長代理)

第4条 審議会に会長を置く。

2 会長は、委員のうちから互選してこれを定める。

3 会長は、会務を統括する。

4 会長に事故あるとき又は会長が欠けた時は、あらかじめ委員のうちから互選した委員がその職務を代理する。

(構成員の主なる職務)

第5条 審議会は、第1条の目的達成に必要な事項を行なうものとする。

(会議)

第6条 審議会の会議は、会長が招集する。

2 審議会の議長には、会長がこれに当たる。

3 審議会の議事は、出席委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、会長が決定する。

(議事録の作成)

第7条 会長は、審議会の会議の議事録を作成しなければならない。

(事務局の設置)

第8条 本審議会の事務を処理するため、事務局を地域振興課に置く。

(改正(平25条例第9号))

1 委員及び推進部会員は、当該諮問にかかわる審議が終了したときは、町長の要請がない限り自動的に解散するものとする。

2 この条例は、公布の日から施行する。

(平成18年3月23日条例第1号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(平成25年3月22日条例第9号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

須恵町農業振興審議会条例

昭和44年3月19日 条例第1号

(平成25年4月1日施行)