○須恵町水道事業嘱託職員規程

平成4年3月31日

須恵町規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、須恵町水道事業嘱託職員に関し、必要な事項を定めるものとする。

(任用の手続き)

第2条 嘱託職員の任用は、必要とする課長の内申によって行う。

2 嘱託職員の任用内申は、嘱託職員任用伺(様式第1号)に必要事項を記入のうえ、次の各号に掲げる書類を添付し、水道課長に提出して行わなければならない。

(1) 履歴書

(2) 資格免許を証明する書類又はその写し

(3) その他総務課長が指示するもの

(改正(平16規程第5号))

(任用の期間)

第3条 嘱託職員の任用期間は原則として4月1日から3月31日までの1年間とする。

2 年度の途中で雇用された者の任用期間は、任用された日から3月31日までとする。

第3条の2 職員は、定年に達したときは、定年に達した日以後における最初の3月31日(以下「定年退職日」という。)に退職する。

(追加(平15規程第3号))

第3条の3 職員の定年は、年齢70年とする。

(追加(平15規程第3号))

(定数)

第4条 嘱託職員の定数は、別表第1のとおりとする。

(契約)

第5条 水道事業管理者は、嘱託職員と様式第2号により須恵町水道事業嘱託職員契約を行うものとする。

(改正(平8規程第2号))

(給料)

第6条 嘱託職員の給料は、別表第2のとおりとする。

2 給料の支給方法は、須恵町職員の例による。

(改正(平15規程第3号))

(手当)

第7条 嘱託職員の手当は、別表第3のとおりとする。

(改正(平15規程第3号))

(服務等)

第8条 嘱託職員の服務は、須恵町職員服務規程の例によるもののほか、水道事業管理者が別に定めるところによる。

(改正(平8規程第2号))

(雇用関係の消滅)

第9条 次の場合、雇用関係は消滅するものとする。

(1) 業務上雇用を必要としない場合

(2) 本人の願出があり、これを承認したとき

(3) 本人死亡の場合

(4) 傷病以外の事由で引続き5日以上欠勤した場合

(5) 精神又は身体の障害により業務に耐えられないと認められる場合

(6) 懲戒により解雇と決定した場合

(慰労金)

第10条 嘱託職員の雇用関係が消滅した場合、別表第4のとおり慰労金を支給する。ただし、懲戒処分により解雇する場合は支給しない。

(改正(平15規程第3号))

(社会保険等)

第11条 嘱託職員の社会保険については、健康保険・雇用保険に加入するものとする。

(災害補償額)

第12条 嘱託職員の業務上の災害補償額は、町長が定める金額によるものとする。

(休暇)

第13条 嘱託職員の特別休暇及び有給休暇は、別表第5に掲げるとおりとする。

2 嘱託職員の病気休暇は、任用期間の範囲内において須恵町職員の例による。

(改正(平15規程第3号))

(出張旅費)

第14条 嘱託職員が職務のため旅行したときは、別表第6の区分により、須恵町職員等の旅費に関する条例(平成31年条例第6号)に基づく旅費を支給する。

(改正(平31規程第4号))

(嘱託職員台帳)

第15条 水道課長は、嘱託職員台帳(様式第3号)を備え付けて嘱託職員の現況を明確にしておかなければならない。

(改正(平16規程第5号))

附 則

1 この規程は、平成4年4月1日から施行する。

2 町長部局以外の部局において、嘱託として任用する場合にもこの規程を準用する。

附 則(平成5年1月7日規程第2号)

この規程は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成8年3月29日規程第2号)

この規程は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成9年10月1日規程第8号)

この規程は、平成9年11月1日から施行する。

附 則(平成10年6月29日規程第4号)

この規程は、公布の日から施行し、平成10年4月1日から適用する。

附 則(平成15年3月7日規程第3号)

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成16年3月5日規程第5号)

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月6日規程第4号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(令和4年4月1日規程第2号)

この規程は、令和4年4月1日から施行する。

別表第1(第4条関係)

(全改(平16規程第5号))

嘱託職員定数

課名

定数

水道課

5

5

別表第2(第6条関係)

(全改(平16規程第5号))

嘱託職員給料表

(単位:円)

 

職務の級

1級

2級

3級

4級

5級

6級

号給

給料月額

給料月額

給料月額

給料月額

給料月額

給料月額

1

165,000

183,700

201,200

226,300

254,600

2

120,600

171,800

189,600

207,200

233,200

261,900

3

124,300

177,700

195,400

213,400

240,100

269,200

4

128,100

183,700

201,100

220,000

247,200

277,200

5

131,900

189,000

207,100

226,200

253,900

285,200

6

136,000

193,900

213,300

232,900

260,700

293,500

7

140,700

198,900

219,900

239,100

267,300

301,900

8

145,500

204,200

225,700

244,900

273,500

310,000

9

151,500

209,400

231,800

250,600

279,200

318,000

10

157,500

214,500

237,600

256,400

284,600

325,500

11

164,700

219,900

243,100

261,700

290,100

333,000

12

171,400

224,900

248,700

266,800

295,400

340,000

13

177,200

229,700

253,800

271,800

300,700

347,000

14

182,700

234,500

258,900

276,700

305,600

353,100

15

187,400

239,300

263,700

281,400

310,200

359,200

16

191,800

243,400

268,200

286,100

314,800

365,100

17

196,200

247,400

272,900

290,100

319,000

370,700

18

200,000

251,200

277,500

293,600

323,300

376,000

19

203,600

254,400

281,800

296,800

327,300

380,900

20

206,500

256,700

285,400

299,700

331,000

385,400

21

209,500

258,800

288,000

302,500

334,400

389,800

22

212,300

260,700

290,300

305,100

337,500

394,000

23

215,200

262,000

292,600

307,800

339,900

397,200

24

217,900

263,400

294,600

310,200

342,400

 

25

220,200

265,000

296,600

312,600

344,600

 

26

222,300

266,700

298,500

314,700

347,000

 

27

224,400

268,300

300,300

316,800

349,200

 

28

226,600

270,000

302,200

318,700

 

 

29

228,500

271,500

304,000

320,900

 

 

30

230,500

273,100

305,900

323,100

 

 

31

232,400

274,700

307,700

325,100

 

 

32

234,000

276,400

 

 

 

 

33

 

277,900

 

 

 

 

別表第3(第7条関係)

(改正、繰下げ(平15規程第3号))

嘱託職員手当支給率

区分

6月未満

6月以上2年未満

2年以上

越盆手当

0.1

0.8

1.2

越年手当

0.1

1.1

1.4

通勤手当

一般職の職員の給与に関する条例に準ずる。ただし、上限額を10,000円とする。

時間外手当

一般職の職員の給与に関する条例に準ずる。

別表第4(第10条関係)

(繰下げ(平15規程第3号))

慰労金支給率

雇用期間

金額

5年以上10年未満の期間

1年につき100,000円

10年以上の期間

1年につき150,000円

☆ 職員退職後雇用した嘱託職員を除く。

別表第5(第13条関係)

(繰下げ(平15規程第3号))

特別休暇及び有給休暇

区分

基準

特別休暇

職員の休暇に関する規則に準ずる。

有給休暇

1年次 10日

 

2年次以降 20日

☆ 『年次』は、採用されたときから、その年の12月31日までを第1年次とし、以後暦年によるものとする。

別表第6(第14条関係)

(改正(平31規程第4号))

出張旅費

区分

基準

水道事業嘱託職員

須恵町職員等の旅費に関する条例別表第1一般職の職員に準ずる。

(改正(令4規程第2号))

画像

(改正(平15規程第3号))

画像

画像

須恵町水道事業嘱託職員規程

平成4年3月31日 規程第3号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第13編 公営企業/第1章 水道事業
沿革情報
平成4年3月31日 規程第3号
平成5年1月7日 規程第2号
平成8年3月29日 規程第2号
平成9年10月1日 規程第8号
平成10年6月29日 規程第4号
平成15年3月7日 規程第3号
平成16年3月5日 規程第5号
平成31年3月6日 規程第4号
令和4年4月1日 規程第2号