○須恵町わくわくデイサロン実施要綱

平成15年4月1日

須恵町要綱第6号

(目的)

第1条 この要綱は、比較的元気なおおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者等で、家に閉じこもりがちな者に対し、須恵町わくわくデイサロン(以下「わくわくデイサロン」という。)として、趣味活動や日常動作訓練等のサービスを提供することにより社会的孤立感の解消及び自立生活の助長を図り、要介護状態への進行を予防することを目的とする。

(改正(平27要綱第6号))

(対象者)

第2条 わくわくデイサロンの対象者は、須恵町に住所を有するおおむね65歳以上で次の各号に該当し、町長が参加を認めた者とする。

(1) 身体が虚弱なため家に閉じこもりがちな者

(2) 介護保険認定が非該当(自立)又は要支援となった者

(3) 自分で会場まで行くことができる者

(改正(平27要綱第6号))

(事業内容等)

第3条 わくわくデイサロンの内容は、次のとおりとする。

(1) 趣味活動その他の生きがい活動を通じた相互交流

(2) レクリエーション、軽度な運動、転倒予防に役立つ体操など

(3) その他第1条の目的を達成するために必要なサービス

(改正(平27要綱第6号))

(実施期間等)

第4条 わくわくデイサロンは、週2回程度開催し、実施時間はおおむね午前10時から正午までとする

(全改(平27要綱第6号))

(利用登録)

第5条 わくわくデイサロンを利用しようとする者(以下「申請者」という。)は、生きがい活動支援通所事業利用登録申請書(様式第1号)を町長に提出するものとする。

2 町長は、前項の申請書の提出があったときはこれを審査し、利用登録の可否を決定し、わくわくデイサロン利用登録不承認通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(改正(平27要綱第6号))

(利用登録できない者)

第6条 疾病又は負傷のため入院治療を受ける必要がある者及び要介護認定(要介護1以上)を受けた者及び町長が不適当であると認めた者は、利用登録することができない。

(サービス提供の中止等)

第7条 町長は、利用登録され現にサービス提供を受けている者(以下「利用者」という。)がサービスの提供を受ける必要がなくなったと認められるとき、又は前条の規定に該当することになったときは、当該利用者に係るサービスの提供を中止し、又は利用登録を取り消すことができる。

2 町長は、前項の規定によりサービスの提供を中止し、又は利用登録を取り消した場合には、当該利用者に対しわくわくデイサロン利用登録取消通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(費用負担)

第8条 わくわくデイサロンに伴う受講料の個人負担金については、別に町長が定めるものとする。

(改正(令2要綱第9号))

(受講申し込み)

第9条 わくわくデイサロンの受講希望については担当課へ連絡し、利用者が各自欠席連絡について確実に行うこととする。

(改正(令2要綱第15号))

(実施主体)

第10条 事業の実施主体は、須恵町とする。ただし、事業の実施を一部若しくは全部を委託することができる。

(追加(平27要綱第6号))

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

(繰下げ(平27要綱第6号))

この要綱は、平成15年4月1日から施行する。

(平成27年3月13日要綱第6号)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

(令和2年3月1日要綱第9号)

この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

(令和2年7月10日要綱第15号)

この要綱は、公布の日から施行する。

(全改(平27要綱第6号))

画像

(全改(平27要綱第6号))

画像

(全改(平27要綱第6号))

画像

須恵町わくわくデイサロン実施要綱

平成15年4月1日 要綱第6号

(令和2年7月10日施行)