○珠洲市衛生委員会設置規程

昭和56年3月27日

訓令甲第2号

(目的)

第1条 この規程は、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)第18条の規定に基づき、本市職員の衛生管理の円滑な推進を図るため、珠洲市衛生委員会(以下「委員会」という。)の設置及び運営に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(所掌事務)

第2条 委員会は、次の事項を調査、審議し、市長に意見を述べるものとする。

(1) 職員の危険及び健康障害を防止するための基本となるべき対策に関すること。

(2) 労働災害の原因及び再発防止対策で安全衛生に係るものに関すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、職員の危険及び健康障害の防止に関する重要事項

(構成)

第3条 委員会は、次の各号に掲げる者9人以内の委員をもつて構成する。

(1) 総務課長の職にある者

(2) 衛生管理者のうちから市長が任命した者

(3) 市に勤務する職員で、衛生に関し経験を有する者のうちから市長が任命した者

2 市長は、前項第1号の委員以外の委員の半数については、珠洲市職員組合の推薦に基づき任命するものとする。

(任期)

第4条 委員会の委員の任期は、2年とし、欠員を生じた場合の補充委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長)

第5条 委員会に委員長を置き、第3条第1項第1号に規定する委員をもつて充てる。

2 委員長は会務を総理し、会議の議長となる。

3 委員長に事故あるとき、又は委員長が欠けたときは、委員長があらかじめ指定した委員がその職務を代理する。

(招集)

第6条 委員会は、委員長が必要と認めるとき、又は委員の3分の1以上の者から請求があるときに、委員長が招集する。

(定足数)

第7条 委員会は、半数以上の委員が出席しなければ会議を開くことができない。

(参考人の出席)

第8条 委員長は、必要があると認めるときは、委員会に参考人として関係職員等の出席を求め、その説明又は意見を聞くことができる。

(庶務)

第9条 委員会の庶務は、総務課において処理する。

(その他)

第10条 この規程に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が委員会に諮つて定める。

この訓令は、公表の日から施行する。

珠洲市衛生委員会設置規程

昭和56年3月27日 訓令甲第2号

(昭和56年3月27日施行)

体系情報
第4編 事/第4章 職員厚生
沿革情報
昭和56年3月27日 訓令甲第2号