○珠洲市営レストハウス管理規則

昭和43年7月5日

規則第15号

(趣旨)

第1条 この規則は、珠洲市観光施設条例(昭和43年珠洲市条例第28号)により設置された珠洲市営レストハウス(以下「レストハウス」という。)の管理及び運営について必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 レストハウスは、市民の行楽と健全な観光旅行を奨励し、その来訪を促進することを目的とし、次の事業を行う。

(1) 利用者に対する物品の販売

(2) 郷土の景観、歴史、風俗、文化、産業の紹介

(3) その他レストハウス設置の目的にふさわしい事業

(利用時間等)

第3条 レストハウスの利用時間は、午前8時から午後6時までとする。ただし、市長において必要と認めるときは、利用時間を変更し、又は休日を設けることができる。

(利用の制限)

第4条 次の各号の一に該当する者は、レストハウスを利用することができない。

(1) 伝染性疾患にかかつている者

(2) 利用者として守るべき規律を乱し、又はそのおそれがあると市長が認める者

(3) 一定の住所を有しない者

(4) 営利を目的としてレストハウスを利用しようとする者

(5) その他市長が不適当と認める者

(損害賠償)

第5条 利用者は、その責に帰すべき事由によつてレストハウスの建物その他の物件をき損又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

2 前項の賠償額は、市長が定める。

この規則は、公布の日から施行し、昭和43年6月5日から適用する。

(昭和46年規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

珠洲市営レストハウス管理規則

昭和43年7月5日 規則第15号

(昭和46年3月19日施行)

体系情報
第8編 産業経済/第4章
沿革情報
昭和43年7月5日 規則第15号
昭和46年3月19日 規則第3号