○珠洲市長期休暇期間一日児童クラブの設置及び管理に関する条例施行規則

令和2年3月16日

教育委員会規則第3号

(開設期間)

第2条 珠洲市長期休暇期間一日児童クラブ(以下「児童クラブ」という。)は、珠洲市立学校管理規則(昭和43年珠洲市教育委員会規則第5号)第4条の2第3号から第6号に規定する休業日に開設する。ただし、次の各号に定める日は、開設しないものとする。

(1) 土曜日及び日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(前号に掲げる日を除く。)

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前2号に掲げる日を除く。)

(4) 8月14日から8月16日までの日(第1号及び第2号に掲げる日を除く。)

(5) その他、市長が必要と認める日

(開設時間)

第3条 児童クラブの開設時間は、午前7時30分から午後6時30分までとする。

2 市長は、学校の行事その他の特別な事情があると認めるときは、開設時間を変更することができる。

(入所申請)

第4条 保護者は児童を児童クラブに入所させようとするときは、長期休暇期間一日児童クラブ入所申請書(様式第1号)(以下「入所申請書」という。)及び同居家族の就労証明書(様式第2号)等必要な書類を市長に提出しなければならない。

(入所許可)

第5条 市長は、前条の規定による入所申請書が提出されたときは、長期休暇期間一日児童クラブ入所許可・不許可決定通知書(様式第3号)により、保護者に通知しなければならない。

(許可の順位)

第6条 市長は、前条に規定する許可をするときは、原則として学年の低い児童を先順位とする。

(入所の取消し)

第7条 条例第5条に定めるもののほか、次の各号のいずれかに該当するときは、入所を取り消すことができる。

(1) 児童クラブの運営上支障があると教育委員会が認めたとき。

(2) 災害その他の事故による受傷等で児童クラブの利用ができなくなったとき。

(3) その他、市長が特に必要があると認めるとき。

2 入所の取消しをするときは、長期休暇期間一日児童クラブ入所取消通知書(様式第4号)により、保護者に通知しなければならない。

(定員)

第8条 児童クラブの定員は定めない。ただし、運営に支障があると市長が認めるときは、この限りではない。

(保護者の義務)

第9条 児童クラブに入所する児童の保護者は、次の各号に掲げる事項並びに児童クラブの運営について、次に定める事項を守らなければならない。

(1) 利用料を遅滞なく納入すること。

(2) 児童の登所及び降所は保護者の責任において行うこと。

(申請内容の変更)

第10条 保護者は、第4条の規定により市長に提出した入所申請書の記載事項に変更が生じたときは、長期休暇期間一日児童クラブ利用変更届(様式第5号)により、速やかに市長に届け出なければならない。

(退所)

第11条 保護者は、転校その他の理由により児童クラブを退所する必要が生じた場合は、長期休暇期間一日児童クラブ退所届(様式第6号)により、速やかに市長に届け出なければならない。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、令和2年4月5日から施行する。

(経過措置)

2 児童クラブの運営に関し、必要な行為は、施行前においても適用することができる。

(令和2年教委規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

珠洲市長期休暇期間一日児童クラブの設置及び管理に関する条例施行規則

令和2年3月16日 教育委員会規則第3号

(令和2年6月2日施行)