○珠洲市令和6年能登半島地震復旧・復興本部の設置に関する条例施行規則

令和6年3月22日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、珠洲市令和6年能登半島地震復旧・復興本部の設置に関する条例(令和6年珠洲市条例第2号。以下「条例」という。)の施行に関して必要な事項を定めるものとする。

(本部員)

第2条 条例第2条第6項に規定する本部員は、教育長及び各課室局長をもって充てる。

2 本部長は、必要があると認めるときは、前項に掲げる職員以外の職員を本部員に指名することができる。

3 本部員は、次に掲げる事務を掌理する。

(1) 条例第1条に規定する市民の生活の再建及び安定並びに本市の復興に関する事業(以下「復旧・復興事業」という。)の企画及び立案に関すること。

(2) 復旧・復興事業の実施に関すること。

(3) その他本部長が必要と認めること。

(復旧・復興本部会議)

第3条 復旧・復興事業に係る重要事項を審議するため、本部に復旧・復興本部会議(以下「本部会議」という。)を設置する。

2 本部会議は、本部長、副本部長及び本部員をもって構成する。

3 本部会議は、本部長が招集し、その議長となる。

4 本部長は、必要があると認めるときは、本部会議を構成する者以外の者を本部会議に出席させ、意見を求めることができる。

(内部組織)

第4条 条例第3条に規定する内部組織として、次に掲げる部会を設置する。

(1) 被災者支援部会

(2) 災害復旧部会

(3) 復興まちづくり部会

2 前項各号に掲げる部会に部会長を置き、本部長が本部員のうちから指名する者をもって充てる。

(所掌事務)

第5条 部会長は、次に掲げる事務を所掌する。

(1) 本部会議に付議すべき事項に関すること。

(2) 各部会の総括、調整に関すること。

(3) その他本部長が必要と認めること。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

この規則は、令和6年4月1日から施行する。

(令和6年規則第7号)

この規則は、公布の日から施行し、令和6年4月1日から適用する。

珠洲市令和6年能登半島地震復旧・復興本部の設置に関する条例施行規則

令和6年3月22日 規則第4号

(令和6年5月9日施行)

体系情報
第11編 消防・防災/第2章
沿革情報
令和6年3月22日 規則第4号
令和6年5月9日 規則第7号