○高浜市議会図書室規程

昭和52年4月12日

議会訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第100条第18項の規定により附置する高浜市議会図書室(以下「図書室」という。)の管理及び運営について定めるものとする。

(平13議会訓令1・平14議会訓令1・平20議会訓令1・一部改正)

(管理)

第2条 図書室は、議長が管理し、議会事務局長(以下「局長」という。)がその事務を掌理する。

(備付図書の範囲)

第3条 図書室には、次に掲げる刊行物を収集保管する。

(1) 法第100条第16項の規定により送付を受けた官報その他の政府刊行物

(2) 法第100条第17項の規定により送付を受けた愛知県公報その他の愛知県刊行物

(3) 高浜市議会会議録その他の高浜市議会刊行物

(4) 高浜市公報その他の高浜市刊行物

(5) 地方自治行政に関する刊行物

(6) 他都市等の刊行物

(7) 一般図書、新聞、雑誌等

(平13議会訓令1・平14議会訓令1・平20議会訓令1・一部改正)

(利用者の範囲)

第4条 図書室は、高浜市議会議員のほか、議長が必要と認めたときは、一般に利用させることができる。

(開室時間)

第5条 図書室の開室時間は、市議会事務局の執務時間による。

2 議長が必要と認めたときは、前項の規定にかかわらず開室時間を変更することができる。

(閲覧の種類)

第6条 図書の閲覧は、室内閲覧及び貸出しの2種とする。

(室内閲覧の手続)

第7条 室内閲覧をしようとする者は、自由に希望図書を選択して、係員に提示のうえ閲覧しなければならない。

(貸出しの手続)

第8条 図書の貸出しを受けようとする者は、係員に申し出て図書貸出簿(様式第1)に所要の事項を記入のうえ局長の承認を受けなければならない。

(貸出図書の冊数)

第9条 同時に貸し出すことのできる図書の冊数は、2冊以内とする。ただし、返納未済の図書があるときは、その図書を含めて3冊以内とする。

(貸出期間)

第10条 図書の貸出期間は、7日以内とする。

2 貸出期間満了後も、なお引続き閲覧しようとするときは、改めて貸出しの手続をしなければならない。

3 局長は、事務上必要があると認めるときは、貸出期間中でも返還を求めることができる。

(図書の取扱い)

第11条 図書は、他人に譲渡又は転貸ししてはならない。

2 図書は、丁寧に取り扱い、汚損又は切り取り等をしてはならない。

(補修及び損害弁償)

第12条 図書を汚損したときは、補修して返納しなければならない。

2 紛失その他の理由により、図書を返納できないときは、速やかにその旨を局長に届け出なければならない。

3 前項の場合には、同じ図書又は相当の代価をもって弁償しなければならない。

(貸出図書の制限)

第13条 局長が貸出しを不適当と認める図書については、貸出しを制限することができる。

(閲覧の停止又は禁止)

第14条 局長は、この規程に従わない者又は不適当と認める者に対しては、図書の閲覧を停止し、又は禁止することができる。

(図書の整理)

第15条 第3条第1号から第4号までの刊行物は、官報公報受付簿(様式第2)に記入し、適宜分類保管する。

2 一般図書は、図書台帳(様式第3)に登録し、日本十進分類法により整理し、分類図書目録(様式第4)に記入のうえ保管する。

3 雑誌は、雑誌受付簿(様式第5)に記入し、適宜保管する。

4 新聞は、新聞つづりにつづり込み保管する。

5 図書には、すべて高浜市議会図書室蔵書印を押す。

(ばく書)

第16条 ばく書は、毎年1回夏季においてこれを実施し、併せて在庫図書の確認及び破損図書の修理を行う。

(雑則)

第17条 この訓令に定めるもののほか、図書室の管理及び運営について必要な事項は、議長が議会運営委員会の意見を聞いて定める。

附 則

この訓令は、昭和52年4月15日から施行する。

附 則(昭和55年議会訓令第2号)

この訓令は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(平成13年議会訓令第1号)

この訓令は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成14年議会訓令第1号)

この訓令は、平成14年7月1日から施行する。

附 則(平成20年議会訓令第1号)

この訓令は、平成20年10月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

高浜市議会図書室規程

昭和52年4月12日 議会訓令第1号

(平成20年10月1日施行)